Yatsugatake Trifle 2

八ヶ岳南麓の "とるにたりない" 日常と水彩画

猫ばか

IMG_3251
正式な名前は「梵天丸(ぼんてんまる)」だけど
この3年弱の間に愛称はどんどん変わっていて...


梵ちゃん!
 ↓
ぼんてちん!
 ↓
ぼにー!
 ↓
ぼにたん!
 ↓
ぼにたんく!(太っていて戦車っぽいからタンクが付いた)

....と変わっていき、
「もぉ〜、ぼにたんくはどうちてそんなにきゃわいいのぉ〜!」と1日に30回くらい言ってるうちに、とうとう最近では

 ↓
きゃわたんく!

...になりました。猫ばかでしょう(笑)

もう、原形をとどめてないですね。
「ん」しか、合ってない



IMG_3246

愛猫を、長い介護生活の末にたて続けに亡くした友人Kちゃんが、先日、新たに里子をお迎えしました。めでたい!

ミルクティーみたいに白っぽい錆色の女の子。
手足がほっそり可憐で、きれいなグリーンの目の、おとなしくて優しい子。
心が寛くて情愛深いKちゃんのことだから、きっとこの子とも、すごく強い絆ができそう...!という感じがしました。
この写真は初日だから緊張した顔だけど、2日目の今日はついにゴロゴロ言い始めたそう


.....はぁ...
私とまふらさんの間にも、それなりの絆はある、と思いたいな .....ものすごく嫌われてるけど。
IMG_3252
「フッフッ(みてんじゃねーよババァ)!」
....と言ってるみたいです

彼女には「可愛い!」と思っても、
あまり声をかけないように心がけてます。
ストレスを与えたくないので.... 

 

生牡蠣!

牡蠣アレルギーのゴンが留守の間に食べようと思って、先日、大好物の牡蠣を取り寄せました
厚岸漁協直送の牡蠣〜 

FullSizeRender
最近は酢橙と醤油をたらして食べるのが好き
レモンよりずっと美味しい
(酢橙とは、山口でふぐ刺しのたれなどにも使う柑橘)


私は生牡蠣に当たったことは1度もないけれど、万が一ノロウィルスに感染してしまうと長期間お店を休業しなければならなくなる(そうしないとお客様にうつしてしまう)ので、休暇にしか生牡蠣を食べないことにしています。
信頼のおける産地であっても、リスクが0%のところはないようで。
厚岸の牡蠣は冬だけでなく1年中が旬だそうだから、もっと頻繁に食べたいんだけど....そこは我慢 

FullSizeRender
これは前にお店で食べた厚岸の牡蠣(1人分
FullSizeRender 2
 
せっかくだから山口県人でも入手困難な獺祭も。んまーい



ついでに。
ここで意外と知らない人も多い、牡蠣の基本を確認。

*牡蠣の「生食用」と「加熱用」の違いは、鮮度とは関係ない。(育てられる海域がそもそも分けてある。生食用は出荷前に殺菌処理が施される。加熱用のほうが味は濃いが、生で食べるのはとても危険)

*「あたる」といっても、アレルギーの場合と、菌やウィルスが原因の場合とがあるので、あたったからと言って牡蠣や提供店が悪かったとは限らない。

*ノロウィルス対策には、牡蠣の中心温度が85度以上になった状態で90秒という、かなりしっかりした加熱が必要。

....ということらしいです。
たまに「火を通したのにあたった」という話も聞きますが、加熱不足だった可能性もかなりありそうですね。何度もあたる人はやはりアレルギーなのでしょう。私の周りにもとても多いです。


「意外と知らない」といえば、ジビエブームに乗って生の鹿肉を出すお店もあったりして心配です。
鹿肉にはE型肝炎ウィルスがいる場合があるので、生食は危険。特に妊婦さんは劇症型を起こして死亡例もあるようです。「低温調理」をうたっていても、ほんとうに中心部までウィルスが死滅する熱処理を施したのか確認したほうがよさそう。中心が真っ赤なものはたぶん63度以上いってないと思います。冷凍でもウィルスは死滅しません。猪や豚も同様です。


参考
ためしてガッテン カキ安心調理術

カキペディア【 カキにあたる 】とは!?|なぜ牡蠣はあたるのか|


E型肝炎ウィルスはどこから?

ジビエ料理の実体とE型肝炎の危険性

厚生労働省 食肉を介するE型肝炎ウイルス感染事例について

やまつみお茶会

「やまつみ」という立体模型制作キットがありまして、その中の「八ケ岳」を購入しました。
等高線に沿って切り取られた厚紙を積み重ねると立体地図ができあがるというもので、こういうのを積層模型というそう。
FullSizeRender 3
標高1000mから始まり
1枚つむごとに20m上がります 

「それおもしろそう!」「つんでみたい!」 という友達がけっこういたので、「じゃあ、つみ体験する?」ということで来てもらって、きのう「やまつみお茶会」をしました。
IMG_3144

 今2月なのでお店を1ヶ月休んでいて、そろそろ休みボケしてきたので、リハビリも兼ねてお茶菓子を作ってアフタヌーンティ風に(笑)
IMG_3142
キャロットケーキwithクリームチーズフロスティング
ミニミニスコーン
ドライトマト、クリームチーズ、プロシュットのタルティーヌ
キューカンバーサンドウィッチ


「よく出来てるキットだね〜!」
「稜線が!可愛い!」
「興奮する〜!」
「私もどれか買いたい!でも高い〜!」
「日光もカッコイイね!」
...などなど、みんなで盛り上がりました。

「老眼でもう見えない!」なんて声も....

IMG_3145
うちの場所は、写真下の木の台にぎりぎり
入ってるか入ってないか...くらいかな? 
IMG_3147

八ケ岳に住んでいる人同士で「これはどこどこだよね」「この頂上は...」「この池はきれいだよ」なんて話をワイワイしながらのやまつみ。楽しかったです。
ここに住んでるんだな〜、私たちは


できあがった模型はPUBに飾っておくことに。
これから、ピンに山の名前を書いて刺していく予定です。

 

最近の2ニャン

梵天が我が家に来てから2年と9ヶ月。

まふら もうすぐ10歳 3.4kg
梵天丸 もうすぐ3歳 6.5kg
CbAJzQGUUAESvkM
たてがみがボサボサなまふら

bon2
ぺろぺろ
bon3
もぐもぐ
意外ときれい好きな男子



仲は...悪いです。ずっと

居住スペースが狭いもので、よるとさわると喧嘩。
というか、梵が近づく度に、まふらが「シャアア!(寄るなくそガキ!)」ってキレるので、梵は耳ぺったんこになってぴゅー!っと逃げる、というパターンでした。今までは。
ところが最近、力関係が微妙に変化してきたようで。

だんだん梵が、まふらの隙をねらってちょっかいをかけるようになってきたのです。
まふらが齢をとってきたのを感じてるのかな?
まふらが後ろを向いてる時に、そろ〜っと近づいて、バンっとお尻を叩いて逃げたり....

お前はピンポンダッシュして逃げる悪ガキか!

当然、まふらは般若の顔で激怒。
しばらくバタバタと追いかけっこになります。
それが梵には楽しいみたいで。
「うへへ〜ぃ!おばさん怒ってやんの!」っていう顔をしてます。

そうだった...忘れてた。梵ってけっこう、最悪な奴なんだった....
(強い相手には媚びて、弱い相手には意地悪するタイプ)
bon1
「ふわ〜〜っ 」


でも最近、こんな場面も見られるように...
bon4

こんなに近くに座ることなんて、今までなかったのに。
(最近、梵のほうからなんとなくにじり寄るように)
まあ、一緒にくっついて寝ることなんてことは永久にないだろうけど...

プリーモ・レーヴィの新刊と、堺雅人

IMG_3046

プリーモ・レーヴィの新しい本が届いた。
15年ぶりの初訳だそう。
私はフィクションの小説が苦手だから、なかなか読み進まない予感はするけど

案の定「本はもうこれ一冊でいいよ!」と思うくらい好きな『周期律』(レーヴィの自伝的小説)を引っ張り出して、読みふけってこの時間。
これはもう新品は入手困難なんだな〜...。もったいない。


あんまり関係ないけど...
「フィクションの小説が苦手」と言えば。

俳優の堺雅人さんが以前どこかで「フィクションが苦手。入ってこない。ノンフィクションしか読みません」と言ってらして「わー私と一緒だ〜」と思っていたところ、先日さらに「右と左、急に言われるとわからなくなる」「簡単な計算も苦手」と発言されたらしいことを小耳にはさんで、「うわ〜!一緒すぎる〜!!」と、勝手に親近感を強めているところ...。
たとえ人より欠けた部分があっても、できるところで頑張って、良い仕事を残すしかないよね...、と思えて励まされた
来週の『真田丸』も楽しみ!



山梨の「豆餅」

お正月に、お客さんから「(山梨の)豆餅」というものを頂きました。
ナマコ型のものがカットしてあって、色は緑。
焼いて食べると、甘くて、黄柚子の香りと胡桃のコクがあって、ものすごく私好みでした。

「よし、自分でも作って、たらふく食べよう
....と思い立ち、下さった方に作り方を聞いてみました。

「うちでは、ひと臼つくときに、青のり1袋、砂糖1kg、ゆずの皮、白ごま、胡桃をどぁーっと入れて、餅になるほどはつかなくて、粒が残ってるくらいで終わる。青竹を割った型にラップをしいて詰める」
とのこと。
...えーと、そのお家のひと臼って、何升分?
(奥様のご実家でついたものをもらって来たから、正確な量はわからないそう)
でも「粒が残るくらい」っていうのはいいな。これなら餅つき器を使わなくてもできそう。

ネットで検索したり、他の人に聞いたりしてみると、胡桃でなくてバタピーやミックスナッツを使ったり、ほとんど甘くしなかったり、柚子も入ってなかったり、お家によって違うようです。ただ「豆餅」というくらいだから、オーソドックスなのは落花生みたい。

mamemochi2
お手軽に炊飯器のおこわ機能を使って、とりあえず3合分。
すりこぎでコネコネ。
今回は、砂糖45g、柚子皮1個分、胡桃100g、青のり大じ3、塩ふたつまみ、を入れてみました。
mamemochi

1合につき1本分のナマコ(大きめな赤ナマコくらい...って余計わかりにくい?)ができた

今固めてるところだけど、つまみ喰いした感じでは、ちょっと甘さが足りなかった....(←あまり甘くしない派の人たちにドン引かれそう
柚子も全然足りない...。
まあでも、美味しい また挑戦します。

...って、ああ....また太るおやつを作ってしまった....


余談
それにしても、うちの辺りではゆずがお高いのが毎冬ツラい....
(標高が高くて寒くて、柑橘類は育たない)
でもまあ黄柚子は買えるからいいとして、青柚子が手に入らないのがツラい。山口では、そうめんや冷や奴に欠かせない薬味だったので...





雪かき

20160121

先日の月曜日にこの冬初めての本格的な降雪があり、毎日、雪かきをしています。
自宅の車の周りだけなら楽なのですが、1月中はまだお店の営業をしているので、できるだけ早くお客様の駐車場を掘り出さなくてはなりません。

今の時期はそんなにお客様の組数は多くないので、たいていは数台分あれば間に合ってしまうんだけど、もし足りなくなってしまった場合に、悪路をわざわざ来て下さった方に「駐車場がないので」と言って帰っていただく以外なく、それはさすがに申し訳ないので、なるべく確保しておきたいのです。

ゴンは腰を傷めたので昨日から作業ができず。
私もかなりのヘタレなので、なかなか1日に長時間はできないのですが、常連さんや友達が助っ人に駆けつけてくれたおかげで、少しずつ片付いています(みなさん本当にありがとう)。

今日は、写真の手前に移っている巨大な板を、計3人がかりで片付けました。
明日は写真に写っていない、左のほうの巨大な板に取りかかります
板のところは楽だけど、駐車場と道路の境目にできた「氷の壁」を砕いて片付けるのが本当に大変。除雪車が道路の雪をどけてくれた時にできてしまうものです。

毎年、こんなに降るのはたいて2月(お店が休みの時)で、12月や1月は降っても20cmくらいだったりすることが多いので、開店以来、ここまで焦って雪かきするのは初めてです。

週末も雪予報が出ているのが気になります。
今度またドカっと降ったら、ココロが折れるかも


追記:この翌日も助っ人が2人来て下さって、金曜日にようやく全部終わりました。
みなさん、自分のところだけでも大変なのに、手伝って下さって...感激しました
 

懐かしい!Kittenwar

BlogPaint


懐かしい〜
「Kittenwar」というサイト。
子猫の写真が2枚ずつ出てくるから、可愛いと思ったほうをクリックするというだけの遊び。(Facebookの始まりも確かそんな感じだったっけ?笑)

10年前に知って、我が家もまふら嬢の写真を登録したけど、ここ何年も忘れてた。

投票の結果では、まふら嬢は4013対戦のうち2281勝、1332敗、400引き分け...だったらしい。まずまずかな?(笑)
もちろん、勝敗はどうでもよくて「世界中の猫飼い仲間に、うちの可愛い子を見てもらえてる!」ていうのが楽しくてみんなやってるんだと思う。

それにしても「スマホで手軽に綺麗なペット写真が撮れる時代になっても、まだこんな感じの写真ばっかりか〜」と思いながら眺めちゃった。もうあまり動き(新しい投稿など)がないのかも知れないけど....。
 
とか言いつつ、梵天も登録してみた(笑)
bontenmaru2


2015年に観た映画 覚え書き

2015年に観た映画を覚え書き。
(2度目、3度目のもあり)
気に入ったものには、の印でもつけておこうかな。

44


『花とアリス殺人事件』
『FRIED DRAGON FISH』
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
『ヴァンパイア』
『彼岸花』
『秋刀魚の味』
『東京暮色』
『早春』
『お早よう』
『青春残酷物語』
『昭和枯れすすき』
『ゼロの焦点』
『天城越え』
『疑惑』
『影の車』
『張り込み』
『わるいやつら』
『鬼畜』
『新しい鉄』
『震える舌』
『人間の條件 第1部〜4部』
『男はつらいよ 1話 その他』
『野生の証明』
『北斎漫画』
『武士の献立』
『ゼンタイ』
『小野寺の弟・小野寺の姉』
『大木家の楽しい旅行 新婚地獄篇』
『仁義なき戦い  仁義なき戦い』
『仁義なき戦い 広島死闘篇』
『仁義なき戦い 代理戦争』
『トラック野郎 一番星へ帰る』
『トラック野郎 故郷特急便』
『トラック野郎 熱風5000キロ』
『トラック野郎 爆走1番星』
『幸福の黄色いハンカチ』
『遥かなる山の呼び声』
『君よ憤怒の河を渉れ』
『単騎、千里を走る』
『ポテチ』
『白ゆき姫殺人事件』
『夢売るふたり』
『旅の重さ』
『ヒミズ』
『グーグーだって猫である』
『スイートリトルライズ』
『映画版ねこタクシー』
『異人たちとの夏』
『ホットロード』
『モンスターズクラブ』
『アカルイミライ』
『セイジ -陸の魚』
『パッチギ! LOVE & PEACE』
『八日目の蝉』
『にあんちゃん』
『小さいおうち』
『幕があがる』
『僕達急行A列車で行こう』
『青春の門』
『実録・連合赤軍浅間山荘事件への道程』
『そこのみにて光輝く』
『苦役列車』

『1900年』
『ジェーン・エア』
『きっと、うまくいく』
『The Secret of Kells』
『華麗なるギャッツビー』
『紅いコーリャン』
『上海グランド』
『レ・ミゼラブル』
『サブマリン』 
『エリックを探して』
『迷子の警察音楽隊』
『アルバート氏の人生』
『私が、生きる肌』
『汚れなき悪戯』
『二十日鼠と人間』
『ハンナ・アーレント』
『ジョーズ』
『ミニオンズ 怪盗グルーの月泥棒』
『上海グランド』
『ポンヌフの恋人』
『スターウォーズ エピソード4』
『ノッティングヒルの恋人』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


ほとんどhuluと専門チャンネルの録画だから、新しいものはほとんどないですね。
劇場に行けたのは『幕があがる』くらい
今年は、健さんや菅原文太、松本清張や小津作品など、昭和の映画にはまって、たくさん観ました。ジャンル問わず、面白くてしょうがないです。
(それにしても雑食だなあ...笑)

本数的には、映画マニアの母の半数にもいってないな....多分






書見台


bookstand
編み物をしながらだと紙の本が読めないので
「あーなんかこう、本のページを押さえておけるものってないのかな!」
と思ってamazonを探したら
ちゃんとあるんですね。開いて置けるものが。

使いやすくて良い感じだけど
やっぱり模様編みをやりながら本を読むのは
私にはまだ100年早い感じでした(笑)
間違いが増える増える(笑)

編み図や編み目を見なくて良い時だけ出動かな。

最近暇さえあれば、編みながらついhuluを流してしまって。
この冬はひとつこれを活用して、本も読みたいです。
脱・hulu廃人。



写真のは韓国製のもので「ページ押さえのコイルが丈夫で良い」と書いてあったので選択。
 
北瀬あき
八ヶ岳のIrish Pub BULL&BEARのコックです。1974年東京生まれ、長州育ち。趣味で水彩画や猫漫画を描きます。1999年八ヶ岳に移住。夫のゴン、息子たけし、猫2匹と犬一頭と暮らしています。
e15cc7c9

BlogPaint





gallery
  • 懐かしい!Kittenwar
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • リテーナー生活
  • 小津作品がたくさん 米hulu
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • 可愛いぞ英国アイドル
  • エルダーフラワーが咲き始めました
  • 3ニャンの現在
  • ふんばる子猫
  • 支離滅裂!まふらちゃん(と、子猫ぼんてん)
  • 息子チョイス
  • エラーさんの 『ウッ 僕だよ』
  • うちの冷やし中華
  • サラダが美味しい季節
  • 混色の勉強
  • 猫の目頭にマダニ
  • 生姜ミルクプリン
  • 生姜ミルクプリン
  • グループ展を開きます
  • グループ展を開きます
  • 薬漬けな日々
  • 水彩紙
  • 水彩紙
  • 自画像は煩悩のカタマリ
  • 猫飼いがまた一人(* ̄∇ ̄*)
  • ヒゼンダニと犬猫疥癬
  • 猫を保護してどうするか
  • ふてくされ中まふらさん
  • キアヌの座禅姿
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ペザントとポレンタ(水彩)
  • ニュー・シネマ・パラダイス
  • ダニエル君
  • untitled
  • おじいちゃんに日本語で
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • yo-yo
  • まふら
  • 本日のスケッチ
  • 海と山
  • 民主主義はタダじゃない
  • ごあいさつ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ