Yatsugatake Trifle 2

八ヶ岳南麓の "とるにたりない" 日常と水彩画

January 2011

休暇!

毎年2月にはお休みをいただいて、PUBを閉めています。今晩は今期の最終日でした(月曜定休なので31日もお休み)。先週あたりから「お休みに入る前に来なくちゃと思って!」と言って来て下さる方々が毎日少しずついらして感激していました。ほんとうに嬉しいことです。
お休みするのは心苦しいし、お客さんとしばらく会えないというのは寂しいものです。でも年末年始もお盆も営業する代わりに2月にお休みして帰省や旅行やお店のメンテナンスなどをします。ゴンの実家は静岡、私の実家は山口でちょっと遠いので、2月は息子がお祖父ちゃんお祖母ちゃんに会うことができる貴重な機会でもあります。

今回の休暇は、帰省以外はのんびりと家で過ごすつもり。猫と遊んだり、DVDで映画を観たり、ちまちま手芸をしたり、できれば4コマを描いたり。そしてスカパーでたくさん英語を聴いて、毎日ギターの練習をするのが目標です!
Photo
弦を張り替えてボディを激落ちくんで拭きました

初ブライス!・・・なのに

Photo
あと3日の営業でPUBがお休みに入るので趣味モードにスライドしつつありますIrish Pub BULL&BEARは2月全休です。すみません)

ついに初ブライス(お人形)を買った・・・のですがいきなり初期不良で目の色が変わらず、タカラトミーに問い合わせたら修理は3週間待ちだそう! どうしようかなー。

一年くらい迷っていて、やっと気分が盛り上がった勢いで買ったのに、3週間も待っていたら気持ちが冷めちゃう・・・。幸い好きな色の目をしてるし、このまましばらくお洋服作りを楽しんだ後、カスタマイズという手もあるなー(頭を解体するので絵面的にちょっと怖い)。

体質的にマニアにはなれないと思うし、子どもの頃もリカちゃんとか苦手だったから、ブライスと末永くつき合っていけるのか自分でもよく解りませんが・・・。仮装させたいんですよね、いろいろ。



*追記:アイチェンジ,直りました。どうしても3週間待つのが嫌で頭を開いてみて、よく解らないなりに手動で目をガチガチ回しているうちに直りました。やっぱり私、そういう方面にはまっていくのかな・・・

アイルランド関連DVD

アイルランド関連のDVDをいくつか持っています。
興味のある方はPUBで声をかけて下さいね。
_SL500_AA300_
アイリッシュダンスの基礎のDVD。
足だけでステップを踏むダンスですね。
見るのは大好きなのですが私はまったくセンスが無くて踊れません。どなたか試してみませんか??

_SL500_AA300_
映画『アンジェラの灰』

貧しいアイルランド人一家のリムリックでの悲惨な生活。お父さんは働かず、小銭を手にするとすぐにギネスを呑みに行ってしまいます 呑むから困窮し、呑まずにはやってられないからまた呑むという悪循環。PUB文化の一面なんですねえ。フィッシュアンドチップスが当時は貧しい労働者のごちそうだったり、カソリックとプロテンスタントの壁ってこういう感じだったんだ!と知ったり。哀しいんだけどカラっとしていて希望があります。これまで観たアイルランド映画の中で一番好き。原作本の『アンジェラの灰』、『アンジェラの祈り』も持っています。



その他アイルランド映画DVD

_SL500_AA300_
独立運動の英雄をリーアム・ニースンが演じた『マイケル・コリンズ』。アラン・リックマン演ずるデ・ヴァレラがそっくり!

_SL500_AA300_
U2ボノが痛切に歌いあげた、あの血の日曜日事件(英国軍によるアイルランド人虐殺事件)を描いた『ブラディ・サンデー』。ドキュメンタリーのような臨場感!


_SL500_AA300_
IRAテロ犯の汚名を着せられた青年の冤罪事件を描いた『父の祈りを』。おすすめ!

_SL500_AA300_
独立戦争とその後の内戦の悲惨さを描いた『麦の穂を揺らす風』。(どこの国もそうだとは思いますが)アイルランドという国は大変な歴史を背負っているんだなあ・・・と感じるお話です

_SL500_AA300_
キリアン・マーフィがゲイの青年を美しく演じた『プルートで朝食を』

_SL500_AA300_
麻薬犯罪と闘って命を落とした実在の女性ジャーナリストをケイト・ブランシェットが演じた『ヴェロニカ・ゲリン』

_SL500_AA300_
若手アイリッシュ俳優総出演。といっても右の女の子はたしかスコティッシュかな?むかし『トレイン・スポッティング』でヒロインを演じた方ですね。

その他、リバーダンスやU2のDVD、美しい景色を集めた航空映像のDVDもいくつかありますよ


市川春子作品集『虫と歌』

写真
とてもさびしくてはかない、人や虫や植物たち

2006年夏のアフタヌーン四季大賞受賞作品を読んだ時「久々にすごい漫画家が出たなあ」と衝撃を受けたものです。
一昨年すでに出版されていた単行本をやっと買いました。

こういう作品に出会うと、なんだかもう表現の仕方の違いで漫画とか文学とかカテゴライズする意味が、よく解らなくなってきます。

市川春子オフィシャルサイト

アサンジ氏とザッカーバーグ氏の風刺漫画

227820793
アサンジ氏
「企業の秘密情報をあなた方に無料で提供する私は悪者さ」

ザッカーバーグ氏
「あなた方の個人情報を企業に金で売る僕はマン・オブ・ザ・イヤーさ」

これは私の英語の先生Nぴょんが作った風刺漫画です。さすがブラックジョークの国イギリスの人。強烈な皮肉です。(追記:私の勘違いで、Webから拾った写真だそうです)

Facebookを作ったザッカーバーグ氏はタイムの表紙を飾り、同じ合衆国で、ウィキリークスのアサンジ氏は国家の敵とみなされています。
アサンジ氏は幼い頃から、常に弱者をかばい、他人が他人を集団で攻撃することに対して、常に激しい怒りを抱くような子どもだったそうです。こういうまっとうなジャーナリストがきちんと守られないといけないと思います。

ヒストリーチャンネルのアメリカ特集

風邪をひいて二日間寝込んでいました。熱は高くないのに倦怠感が強い風邪。いろんなところが痛いのは鎮痛剤でごまかせるけど悪寒が一晩中続いたのがかなりきつかったー

4f355bc7444f43cfe72153f401e9f472
悪妻を持つと哲学者になれたり大統領になれたりする
ようなので、奥さんの愚痴を言いつつも偉業を成し遂げて
ない殿方はまだまだ甘いということですね


一昨日は幸い休日だったのでゴロゴロしながらヒストリーチャンネルを観ていました。今ちょうどアメリカ特集をやっていて「AMERICA 真実の物語」「アメリカ人は何を食べてきたか」といったシリーズや、歴代大統領のドキュメンタリーが観られます。こういうものを観ておくと映画を観た時にまたぐっと面白さが増すんですよね

リンカーン大統領の話で面白かったのが、例の手紙の少女の話。
リンカーンが11歳の少女に「髭を生やしたほうが良い」と言われた話は知っていたけど、手紙にはこうも書かれていたようです。「髭を生やせばもっと立派に見え、きっと奥様がたはご主人に、あなたに投票するように言うでしょう」と。
当時奥様方は「あなた○○氏に投票しなさいよ」と旦那様たちの選択に影響を与えていたということなんだーとちょっと驚きました。でも女性に参政権はまだ無いんですよね。ちなみにリンカーンの奥さんはかなりの浪費家でヒステリックな女性だったとか。

「アメリカ人は何を食べてきたか」では、ピザ、ホットドッグ、クランベリーソース缶、シリアルなどの食べ物がどうやって国民食になっていったかが解って面白いです。ピザはアメリカで人気にならなければイタリアの無名の郷土食に過ぎなかったし、初期のシリアルは味がなくてすごく不味かったらしいですよ














映画『アイ・アム・デビッド』善人と悪人

images-2ブルガリアの強制収容所から脱走した少年がデンマークに逃れるまでを描いたロードムービー(?)。地味だけど感動作で『ライフ・イズ・ビューティフル』くらい泣きました 息子とちょうど同じくらいの声変わり前の男の子が、トラウマと自責の念に苛まれながら過酷な旅をするんだもの。

デビッドは、政治犯の子として幼い頃に両親と共に捕らえられ収容所で育ったため笑い方すら知らない子。旅の途中で冷たい人にも優しい人にも出会うのですが「何も信じてはいけない」が信条だった彼が外の世界で癒されて笑顔を取り戻していく様子に、ほっとする反面、「ほとんどの人は善良だが、それらの人々が無言で戦争や収容所を支えた」面もあるということを考えると複雑です。彼に指示を与える謎の男の正体が善でもあり悪でもあるところなんてまさに・・・。

主人公役のベン・ティバーはふっくらした綺麗な子であんまり収容所の子に見えなかったかも・・・。恩人役のジム・カヴィーゼルがたいへんよかった!


スローフードと地産地消

追記:よく考えたらペトリーニ氏は「地産地消」とは言ってないですね・・・。

images-1

NHK『未来への提言 スローフード協会会長カルロ・ペトリーニ』という番組を見ました。小説『食堂かたつむり』の著者小川糸さんがスローフードの創始者カルロ・ペトリーニ氏を訪ねます。スローフードとはイタリアピエモンテ州で80年代に提唱された、地域の伝統食を見直す運動のことです。

ペトリーニ氏曰く「人は食べ物で幸せになる。食文化とは言語のようなものでその多様性が素晴らしい。消えかかっている地域ごとの食を守らなければならない」。ある大きな病院で、その理念に従って病院食が改善され、患者さん達が楽しそうにいきいきとその郷土食の美味しさを語っている様子を見て、素晴らしい理念だと思いました(田舎で育ったのでローカルフードの良さはとてもよく解る!)

ただ(番組では子どもたちに地産地消の良さが教育される場面もあったので)もっと知りたいと思ったのは、小規模生産者を守ることと地産地消はどうやって両立させたらいいの?ということ。ある地域のチーズの小規模生産者が、スローフード運動によってそのチーズの存在が広く知られたため「注文が増えた。遠くから買い付けに来る業者もいる。充分な利益が上がるようになった」と喜んでいました。それは地産地消に含まれるのかな(日本語と海外の言葉の定義が違うの?)?どんなふうにその理念が共存するのだろう?というところ。

ちなみにスローフード協会が定めた世界の「絶滅危惧食品」には日本の食材もいくつかあって、長野県のざざ虫もそのひとつなんですって


映画『少林サッカー』

images息子が小さい頃、面白い漫画や映画に出会う度に「この子が大きくなったら見せよう」と自分の中にリストを作っていました。

映画『少林サッカー』もその一つ。やっと息子と一緒に観られました。彼は笑えるものが大好きなので、大いに気に入って絶賛していました。「今まで観た映画の中で一番感動したわー!」だそう。私も改めてやっぱり名作だわー!と思いました。 爆笑の中にも感動が。『カンフーハッスル』よりこっちが好きだな。
主人公役の周星馳(チャウ・シンチー)さん、個人的にかなり顔が好きなのですが、主演兼監督だったんですね、知らなかった。『蒼穹の昴』の光緒帝役の張博さんに似た感じで端正

1写真
あんまり爆笑したので、まふらが怒っていきなり横から襲ってきました(まふらは私の笑い声が大嫌い)。ひどいよね・・・。




クラシックギター

IMG_9159
YAMAHAの初心者用モデルCG-151C
中古だけどすごく気に入ってます


クラシックギターが好きで、自分でも弾けたらなあと思い、去年から練習しています・・・が、あまりにも上手くならない! 習いに行くほどの根性もないし、毎日練習しないんだからしょうがないですが

アルペジオがとにかく好きなんですよね。コードに全然興味が持てないのが困りもの。そして一弦の音がものすごく好き。一弦の音が聞きたいがために弾くの(笑)一弦の音だけは「今日はよく鳴る」とか「今日は気に入らない」とかあるの。他はよく解らないの(笑)

いつか弾きたい憧れの曲は・・・
『カヴァティーナ』(『ディア・ハンター』のテーマ曲)
『パリは燃えているか』(『映像の世紀』のテーマ曲)
『ニュー・シネマ・パラダイス』
など。
とりあえず今は『放課後の音楽室』(ゴンチチ)を練習しています。何ヶ月もやってるのにまだ弾けないの!

うっすらと、ほそぼそと、続けていきたいです。

息子と『かちかち山』の話

kachi_p2a
小5の息子が「かちかち山のウサギは酷いと思うんだ」と言ったので、ちょっと2人で盛り上がりました。

私「だよね。タヌキの背中に火をつけたりさ」
息子「火傷に辛しを塗るんだよ?」
私「やり方がいちいち陰湿だよね」
息子「最後は泥舟で沈めて殺しちゃうし」
私「タヌキもお婆さんを殺したから悪いけど、自分が殺されそうだったから必死だったんだろうね」
息子「お爺さんが怒るのは解るけど、ウサギ関係ないよね」

たぶん彼の憤りは、ただの隣人のウサギが、正義面してタヌキを"成敗”するところに向いてるんじゃないかな。しかもやり方が陰湿なので「明らかにあんた楽しんでるでしょ」と。なんだか「遺族感情」だけをふりかざす死刑存置論者の怖さを連想しちゃう

『かちかち山』がどんな話だったか改めてwikiったら「元はウサギがタヌキを虐める後半部だけの内容である。江戸時代に入ってから、タヌキが悪事を働くという前半部が加わり、これによってウサギの行為が正当化された仇討ち物語となった。」とあってまたまたびっくり。
時代とともに「タヌキの悪行が前提として無いと成立しない」という感覚になったから物語も変化したのでしょうね。面白い。

香川の小学校ではこのウサギをめぐって模擬裁判が開かれ、小学生が討論をし「懲役9年」という判決が出たそうです。すばらしい試みだなー


ウサギのぬいぐるみ完成

1ゴンが昔お世話になった方に会いに上京することになったので、その方のお嬢さんに「そうだウサギをあげよう!」と思い立ち、作ってみました。

写真イメージ画。


コピー用紙でパターンを作ります。
頭から作って、布で完成させてからボディや手足を、大きさをみながら作っていきます。





IMG_9150
IMG_9157
こんな感じにできあがりました。
耳と胸にはリバティプリント。
グラスアイのすみれ色が気に入っています。


本格的なテディ・ベアの場合は、手足と首のパーツを作る時にあらかじめジョイントを仕込むのですが、今回は簡単なボタンジョイントで。丈夫ではないので、3、4歳以上の(あまり無茶をしない)女の子向けかな。0歳から2歳の赤ちゃんへのプレゼントとなると、ガラスの目玉やボタンなどが万一はずれた時に飲み込んでしまう怖れがあるから、そういうパーツは付いていないぬいぐるみがいいかも。1歳くらいの子って実際に、目玉にすごく興味を持ってぐりぐり触るんですよね




日本のTVが「くだらない」のなら・・・

BBC+World+News+logo+2010
情報環境は自分で整えればいい

年末に海老蔵さんが話題になっていた頃、巷でよく耳にしたのが「TVは海老蔵ばっかりでほんとくだらない!」というお話。ほんとうにそうですよね!と思う一方で、そう思う方々の「その後の選択肢」がどうなっているのか、興味を持ったのでした。

*くだらないと言いつつそのまま見続ける
*TVを見ることをやめる(もしくはTVを捨てる)
*日本の番組をやめて海外の番組を見る

「くだらない」と思った後に、積極的に自分の情報環境を整える作業にうつる人は、そのうち何パーセントくらいなんだろうー?と。

うちでは、音声や映像資料は大切だと思うのでTVは残しました。その代わり少し前にスカパーを入れてBBCやCNNを流し見したり、面白そうなドキュメンタリー番組を録画して見るようにしています(もちろん日本の娯楽番組も見ます)。それが良いか悪いかは判りませんが、日本の番組だけの時とはずいぶん風景が変わることは確か。少なくとも、受動的に情報を受け取り続けていると脳が洗われちゃうこと請合いなので、選択という作業が大事かな、と思っています。

味噌煮込みうどん

写真
味噌煮込みうどんを食べてみたい〜、と言うゴンと私に、名古屋に帰省したkisakiさんが買って来てくれた山本屋の味噌煮込みうどん。だしパックと生うどんと味噌だれがセットになっているものを買ってきてもらって、うちで葱と鶏肉と卵を入れて煮込んでみんなで食べました。美味しかった〜!だしがよーくきいていて、スープを全部飲み干したいくらい。このあとおじやにして堪能しました。

名古屋の面白い話や美味しいものの話をよくお客さんから聞くので、一度行ってみたいんですよね。2月に一泊寄れるかな?とただ今計画中。きしめんと名古屋名物モーニングを体験してみたいです。

朝生の収穫

先日、朝生というのを初めて録画で見て、ディベートというよりアーギュメントになってしまっていて議論がちっとも深まっていかないことにびっくりしたのですが、夫に言わせると前回の朝生とは随分メンバーの入れ替えがなされてダメな人達が切られているし、田原氏があっちこっち話を飛ばすのも確信犯なのだろうとのこと。
ふーんと思ってなんとなくニコニコ生放送の討論番組を見たりしてみて「あーそういう意味か」と田原氏をちょっと見直したり。

今はネットがあるから、討論番組を見た後に気になる人のwebサイトやtwitterを後でチェックできるから便利ですね。(今更かもですが)今回の朝生で収穫だったのは東浩紀さん、猪子寿之さんなど若い論客を知ったたこと。上杉隆さんはtwitterでフォロー済みだったけど、やはりキレがあるし決して感情的にならないところが素敵。
別のBS朝日だったかな?討論番組では荻上チキさんという眼鏡男子が気になりました。若い論客を見つけると(しかもそれがイケメンだったりすると)必要以上にワクワクしてしまうのはひょっとしておばさん化の一種かも知れませんが


とても面白かった、ニコ生からの討論番組→「ネットでの誹謗中傷を考える」
ホリエさんの、叩かれることなんていまさら厭わない意見って迫力があって面白い。





明けました

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
写真
大晦日、家の外の温度計は−2℃でした。寒い中PUBに出かけて下さった方々に、温かいお蕎麦をサービスさせていただきました。本格的とはいかないけれど、大晦日の気分が少しは出るかな?と思って(最初の頃は緑のたぬきをみんなで食べてました)。紅白を流し見してワアワア言って、カウントダウンをしてお開き。

明朝はゴンと息子は初日の出を見に行ってコンビニで肉まんとおでんを買って朝ご飯にするのだそう。私は行きません お昼にお雑煮を食べます。なんだか風邪で不調が続いていて、息子の好物のお煮しめでも作ろうかと思っていたのにそんな余裕もなく。

gabu
知人の猫を2匹預かっています。このガブは8kgもあって巨大!でもまふらに襲われて危険なので、息子の部屋に隔離中。息子は猫2匹が自分の部屋に棲んでいるのが嬉しいみたいで、トイレや餌の面倒をみてくれます。




北瀬あき
八ヶ岳のIrish Pub BULL&BEARのコックです。1974年東京生まれ、長州育ち。趣味で水彩画や猫漫画を描きます。1999年八ヶ岳に移住。夫のゴン、息子たけし、猫2匹と犬一頭と暮らしています。
e15cc7c9

BlogPaint





gallery
  • 懐かしい!Kittenwar
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • リテーナー生活
  • 小津作品がたくさん 米hulu
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • 可愛いぞ英国アイドル
  • エルダーフラワーが咲き始めました
  • 3ニャンの現在
  • ふんばる子猫
  • 支離滅裂!まふらちゃん(と、子猫ぼんてん)
  • 息子チョイス
  • エラーさんの 『ウッ 僕だよ』
  • うちの冷やし中華
  • サラダが美味しい季節
  • 混色の勉強
  • 猫の目頭にマダニ
  • 生姜ミルクプリン
  • 生姜ミルクプリン
  • グループ展を開きます
  • グループ展を開きます
  • 薬漬けな日々
  • 水彩紙
  • 水彩紙
  • 自画像は煩悩のカタマリ
  • 猫飼いがまた一人(* ̄∇ ̄*)
  • ヒゼンダニと犬猫疥癬
  • 猫を保護してどうするか
  • ふてくされ中まふらさん
  • キアヌの座禅姿
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ペザントとポレンタ(水彩)
  • ニュー・シネマ・パラダイス
  • ダニエル君
  • untitled
  • おじいちゃんに日本語で
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • yo-yo
  • まふら
  • 本日のスケッチ
  • 海と山
  • 民主主義はタダじゃない
  • ごあいさつ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ