Yatsugatake Trifle 2

八ヶ岳南麓の "とるにたりない" 日常と水彩画

May 2011

鹿肉BBQ

今日もBBQでいぶりがっこになりました。
今回はお店でもその他でもいろいろお世話になっている方々に声をかけての大人数の宴。

フジケンくんが鹿肉の塊を差し入れてくれました。
なかなか入手困難な食材。
八ヶ岳っぽい...というかフジケンくんさすがの人脈!

生々しい肉塊には一瞬ひるんだけど....(´∀`;)
ワイルドJUNさんとR子さんのおかげで
"ふつうの(大きさの)肉塊”にすることができました。
その後炭火焼にしたけど臭みもなく美味しゅうございました。

↓"ふつうじゃない肉塊”7kgくらい?
血みどろなのでクリック注意。

shikaniku


2
ついにフジケンくんちの赤ちゃんとご対面!
可愛いいなー(*´Д`*)
この後抱っこさせてもらっちゃった。

3
笹寿司、パッタイ、ソムタム、手作りどら焼き、
自家製ボンレスハム、焼き鶏、ニジマス塩焼き、
ジャーマンポテト、ソーセージ、もつ煮...
などなど、美味しい差し入れたくさん。
ごちそうさまでした!

4

男性陣はほんとうに火が好き(´∀`)
「焚き火はいい、焚き火はいい」と最後まで。

リバーライトのフライパン


pan
レギュラータイプのリバーライト24cm
育て方を間違えたので
根性焼き直してみたところ(゚皿゚メ)


フライパン....
よくプロの料理人はフレンチやイタリアンだとアルミ、中華だと鉄を使っていますよね。でも最近はプロでもテフロンを持っていて料理によって使い分けている人も多いみたい。アルミや鉄は初期化とお手入れが大変だからちょっと敷居が高いですよね(アルミって安いし、とりあえず並べておくとかっこいいかも....(・∀・) )

私はこれまでメインにテフロンを使っていました。
こびりつかないし洗うのが楽なのはもちろん、一人で同時に何品も調理することがあるので忙しい時に柄が長いものや熱くなるものを使いたくない、コスト的に(耐久性は低くとも)買い替える方が安いから、などの理由からです。でもテフロンがはげるのは嫌だし、柄がすぐにぐらつくのも嫌だし(ティファールでも1年もたない)何より.......

いい加減、頻繁に買い替えて不燃ゴミを出すのが嫌になった!(´Д`)

だから柄が木製の鉄フライパン「リバーライト」を増やすことにしました。

しかし問題は私は鉄パンの空焼きが苦手ということ。
「ガンガン熱して玉虫色からグレーに変わるまで置く」っていうのが怖くてできない....
「ばっ 爆発しないかしら!?(((( ;゚д゚))) 」しないよ....
恐ろしくて中途半端に終わってしまうので皮膜が充分にできず、
どうしても卵がこびりつくのです(;ω;)

そんな私が期待するのが
「リバーライト  極(きわみ)シリーズ」。
空焼きして油を馴染ませたのと同じ状態にしてある商品。
くっつかないんだって!
高いけど、長く使えるから思いきって今回2つ注文しました。楽しみ!

ドラマ版『高慢と偏見』

1800年頃の英国のジェントリ(地方大地主)階級の女性の結婚事情を描いたジェーン・オースティン作『高慢と偏見』の、ドラマ版を観終わりました(長かった!)。

「気難しくて鼻持ちならなく見える人のほうが実は誠実で善い人だったりする」ってよく解る気がする...。自己顕示欲を優先しないから自分を演出するのが下手なんだな。

1
コリン・ファース(Mr.ダーシー)若い!

"恋に落ちそうな自分に抵抗しつつ女性を凝視する男のセツナイ眼差し" の迫力ではデ・ニーロの次点くらいじゃない!?(゚o゚)

Pride-and-Prejudice--1995--jane-austen-715196_800_600
ドラマ版主人公エリザベス

images-1
映画版主人公エリザベス

映画版はキーラ・ナイトレイだから見始めは「え(゚д゚;) 主人公この人?」とギャップに苦しむけど、観終わる頃には「ドラマ版の方がいいかも」と思えてきた...。思慮深い感じや板挟みの苦しさなど上手でした(思慮深く鋭いわりにはダメ男に騙されかけるんだけど)。



ミニ畑で家庭菜園(ごっこですあくまで)

hatake
私が管理すると少なくとも20人くらいには
ダメだしされることになりそうな予感がする...(´∀`;)
しかも心の中で(←被害妄想)


「ドルマ(葡萄の葉の米詰め)食べたいから葡萄植えて!」
「アスパラガスの穫りたてを食べたいよ!植えて!」
「アーティチョークの巨大なアザミが見たいよ!植えて!」
「葉ネギに不自由したくない西日本人だよ!植えて!」

うちの庭番長ゴンに好きほうだい言ってたら、作ってくれましたよミニ畑。(葡萄は別のところに植えたけど)

「作ったよ。あとは任せた!」
え....Σ(・ω・) 私が管理するんだ....。

畑をやったことがない訳じゃないけど...(だからこそ下手なのを知っている)。
でも、最近ちょうどお店のお客さんたちが家庭菜園や貸し農園の話で盛り上がっているから「いいなー」と思っていたところ。
これでやっと仲間に入れる ヽ (´▽`)ノ

家庭菜園もベテランになってくると「ナスやピーマンやズッキーニは、自分のところのが収穫できるころ巷でも安く大量に出回るからねえ...買ってもいいかもねえ」との意見もあり。なるほど。無農薬野菜で自給自足を目指すなら別として、うちみたいな超ミニ畑は特に、土地利用効率を慎重に考えなければ。(例えばトウモロコシを植えたらせいぜい3本の収穫450円也で終わってしまう)

やっぱり葉ネギかなー。肉うどんに大量に入れたい九条葱。年間いくら使ってることか!あとシソも。というわけであんまり可愛い畑にはならないかも.....。



石炉でBBQ 反省点

写真
雨が降る中テントを貼って決行!

八ヶ岳移住して12年目にしてやっとBBQのホストができるようになりました。
2回やったけどなかなか.....いろいろ反省です。ゲストのみなさんが足りない道具を急遽持ち寄ってくれてなんとかなったけど、スマートにこなすにはスキルを積まないとなー...
今回焼いたのはサンマ、つけ込んだラム、Nちゃんママのタンドリーチキンなど。その他持ち寄っていただいたタコのマリネサラダやお好み焼きやチヂミ、タイカレーなどなど豪勢な食卓となりました。予定していた焼きそばは食べきれないので急遽取りやめに(^  ^;)

今回解ったのは...
玉葱とピーマンは串焼きだと乾燥して美味しくない(;´Д`)
新玉葱はホイルに包んでおき火に放り込んでおくとトロトロに甘くなる(*゚▽゚*)
ダッチオーブンの鶏蒸しはジューシーだけど薫製は思ったほど甘くない。

びっくりしたのが.....
小学生は意外とソーセージや鶏肉を食べない!
来たらすぐに食べられるものを、と思ってソーセージ(普通の)を用意しておいたんだけど、子どもたちに全然ウケなかったなー (´▽`)アハハ.....
私が子どもの頃はニクニクとにかく肉!と肉類に見境なく喰い付いていたけど、最近の小学生(?)は「最後のタイカレーが楽しみだ」とか言って食べ控えしたりするみたい。分別があるなあと感心。

ていうか牛肉はやっぱりあったほうがよかったか......。
そんな反省を踏まえて次週に続きます。


映画『善き人のためのソナタ』旧東独の管理統制


『善き人のためのソナタ』
素晴らしかった....

芸術によって人間の心が取り戻される、
厳しい状況下で芸術が人の心のよすがになる、
...というテーマは、私がとても尊敬している作家レーヴィが
繰り返し書いた事でもあります。

大学で講義される(!)尋問の仕方、職業禁止、盗聴、家宅捜索、手紙の検閲......
旧東ドイツがどうやって国民を管理統制していたか具体的に描いてあって怖かったです。
反体制的な人間を捕まえて尋問する保安員、
自分を守るために密告する人、
脅迫されて沈黙する人....

非道に見えても皆それぞれの立場での板挟み状態。
その中で、どこまで人間としての良心に従うことができるか。
人間の極限状態での選択を描いた映画は「自分だったらどうするだろう」という問いにさらされるから辛いけれど、惹かれます。

「壁が崩れた」の台詞で  ぶわっ
....となりました。ラストよりも。

アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。原題も英題も『他人の生活』という意味らしいけどこの邦題は雰囲気に合ってて良かったんじゃないかなー

映画『セントアンナの奇跡』モヤモヤする.....


この予告編はなんだか、話が変わってる気がする...


「チョコレートの巨人.....」
小さな可愛い男の子が話すイタリア語にとっても弱い上に
お気に入りのルイジ・ロ・カーショが出ていて
"大作"の風格充分だし実際に感動作なんだけど....
なんだかモヤモヤする
謎解きのキーアイテムもちょっと千々に乱れちゃったような。
音楽も好きじゃない....

いろんな人がいろんな批評をする映画。
もしかしたら、良い映画なだけに
「惜しい部分にちょっとなんかひとこと言ってやりたい」
.....という気分にさせる、そういう映画なのかも

(以下ネタバレあり)

結局、一番モヤモヤするのは
復讐の後にハッピーエンドだと勧善懲悪的で....少なくとも
反戦のメッセージの説得力がなくなってしまう、
というところ。
せっかくサンタナで「憎悪を超え、赦す」という
奇跡が起こったのに.....台無しな気がする.....

そしてなんでラストシーンがあんなに
『ショーシャンクの空に』に酷似してるのか気になる

でも黒人部隊のことなど勉強になりました。
金岡新さんの世界史講義録にこの映画の解説があって助かりました

レシピ(?)瓦そば

写真
大パエリアパンで瓦そば。
今回は邪道でふつうの蕎麦のゆで麺で。
まあ.....山口で市販されてる緑のゆで麺も
茶と蕎麦の含有量低いから味は同じようなもんです。
(瓦そば店に行けば別)

『秘密のケンミンSHOW』楽しいですね。
毎度「どこの郷土食も面白い!食べてみたい〜」と思います。

先日この番組で取り上げられた山口県の瓦そば。紹介された通り、山口では"ふつう"で人気のおすすめホットプレートメニューです。私の実家(北部の萩市)でも、昭和50年代後半のホットプレート導入と共に定番メニューになりました(魚介たっぷりパエリアも最高だったけどこっちはよりパーティメニュー的だったし他の家ではあまりやってなかったと思う)。

.......ことあるごとに瓦そば普及に努めているのは別に郷土愛とかじゃないです!ただの「瓦そば愛」です!!

私の作り方はこんな感じ。
野菜を勝手に加えていたけどあんまり一般的ではなさそう。

続きを読む

悠山房、LOPCHU、深堀氏の金魚絵

新緑が心地よい季節です。
なぜか花粉症がまだ治らないけど...

ゴンが汗だくで石炉作りに奮闘している間
わたしは優雅にランチとお茶へ
suzuki2
小淵沢の悠山房さんにてスズキのポアレ。
牛挽肉の網脂包み焼きとすごく迷った結果
まだひきずっていたスズキ熱が勝ちました。
皮がカリっと香ばしくてマスタードソースも美味〜!

lopchu
あさって5月16日(月)にオープンする紅茶専門店
LOPCHU(ロプチュー)TEA GARDEN 八ヶ岳清春店にお邪魔。
清春美術館のすぐ近くです。
イートインもできてスコーンやケーク・サレが頂けるそう。
店長ジンさんの立体作品も飾られていてお洒落な店内。
写真



kisakiさんが手に入れてくれた
深堀隆介さんの手描きの一点もののカード!
東北復興支援のための企画で500枚を目標に
一枚一枚手描きされているそう。すごいなぁ.........
筆跡が立体的でドキドキする!!
kingyo

↓何層もの樹脂にアクリルで金魚が描かれています。
kingyo2
素敵すぎる〜.....
息子も衝撃を受けたようで
「こういうの作ってみたい...」って。


ショートブレッド

shortbread
夏みかんピール入りショートブレッド

ショートブレッドやサブレ(お土産系のじゃなくてパティスリー系の)みたいにサクサクするバターたっぷりのお菓子が好きでたまに作ります。特にショートブレッドはフードプロセッサーで作れるのでお手軽で好き。米粉を入れる方が好きです(ハワイやオーストラリアで買ったショートブレッドがかなり米粉含有率高かったです)。

ショートブレッドはスコットランドのお菓子ということで、アザミの花が型押しされた円形のものがよく作られているようです。円形でふちが波状に押してあるものを"ペティコート・テイル"といいます。

お菓子の型を集めるのが趣味(買うだけで使わないことも多いけど)なので、ずっとアザミのモールド(型)が欲しいなと思ってるんですがなかなか旅行先でも見かけません。まあ amazon UKにもあるんだけど......できれば何かのついでに買いたいような品だし

ケルトの紋様を型押しする、というのも憧れます。渦巻きとか、縄模様とか、ケルト紋様大好き。こっちは売り物は少なそうだから型をなんとか木で彫れないかなあと思ってみたり....
_SL500_AA300_


アザミのショートブレッド型
(市販品)

映画『薔薇の名前』恐怖と笑い

nameofrose
テーマがコメディだったとは.....
中世ヨーロッパものは衣装がたまらない

ネタばれ有りだけどみんなもう観てますよね。'86だから。
14世紀イタリア、異端審問に揺れるカソリックの修道院を舞台に
コネリー扮する修道士がホームズさながらに謎解きをするお話。
塔に閉じ込められた当時の世界の英知=書物。
その中でも問題になるのがなんと喜劇(コメディ)
というところがもう、衝撃でした。

コメディは真実を滑稽に描きだす
  ↓
人々が恐怖を克服する
  ↓
怖れなくして信仰は成立しないので
教会は笑いの封印を試みる


中学生の時に観てさっぱり解らなかったわけだわ!
だってモンティ・パイソンみたいな本当のコメディを知らなかったんだもの
「コネリーが図書館に入ってライフ・オブ・ブライアンのDVDを見つける」....というシーンを思わず妄想して笑っちゃった。

この映画版は原作のダイジェスト版みたいなものに違いない...
エーコの原作はきっともっと巧妙なんだろうなー
....というのが充分想像できる映画。

食への執着


suzuki
お昼のまかない
改良の余地はいろいろあるけど
スズキを食べてとりあえず気がすんだ!

私は料理人とは言ってもPUBのコック。
PUBってふだんは気を使った食生活を送っている方々が
「なんかフライドポテトとかジャンクなもの食べたいなー」
......という時に来てくれる場所かなと思っているので
「ギネスに合う」とか「家族でシェアできる」
などの条件を念頭にメニューを作っています。

食にこだわっていて料理が上手な人が周りにたくさんいて
なんだか自分はこだわりがないというか
食いしん坊でむしろ見境ないほうだなと思うことも.....

苦手な食材もあまりないので
人様から食べ物をいただくとなんでも
わあぁーーい と小躍り。
(またみなさん美味しいものを下さるの!)

ただ、食べ物への執着は強いかも。
「後で食べよう」と取っておいた好物を
いつの間にかゴンが一個残らず食べてしまっていると
「ひどい!一生忘れない〜〜」って思います......
ゴンはなんでも分けてくれるんですけどね。

あと時々「どうしてもあれが食べたい!」と
食べたい熱にとりつかれてしまうことがあります。
そうなると寝ても覚めても何日間もそれを引きずってしまいます。
どこのお店のこのメニュー!というよりも、食材が多いです。

先日は(まだ旬じゃないと思うけど)
「分厚いスズキの切り身をソテーしたもの」が食べたくて
気がすまなくなり、それが一週間以上続いたので
諏訪の角上生鮮市場まで買いに行きました。
近所であまりスズキは見かけないんですよね。
メロの西京漬やほっけなどの干物も買ってきました。
しばらくは魚が食べられます

mero
(写真がどうしても縦にならず)晩ご飯はメロ西京焼、茄子田楽、プチベールの明太マヨ和え、海苔の佃煮。厨房で作って2階に運んで息子と食べるため、晩ご飯はいつもワンプレート。






レシピ:アイルランドのソーダパン

sodabread4
アイリッシュソーダブレッド
wheaten bread


アイルランドの、イーストを使わないパンです。100%全粒粉ものは人によって好みが分かれると思いますが、お店で頻繁にレシピを聞かれるので載せておきますね。

薄力粉で作ります(発酵させないのでグルテンの力が要らない)。
こねる作業もなく、思い立ったらすぐに作れます。といっても焼きに45分かかりますが....。全粒粉の配合はお好みで。本来はバターミルクを使いますが日本では市販されていないのでヨーグルトを代用します。


レシピ:アイリッシュソーダブレッド

パウンド型1個分
(写真は30cmくらい?の長いパウンド型2個分を作っています)

全粒薄力粉   500g
ブラウンシュガー  大1
塩  小1
ベーキングパウダー  大1
ヨーグルト  50cc
水   250cc
植物油(オリーブ油でないほうがよい)  50cc


作り方はいたって簡単
sodabread1

粉類を全てボウルにふるい入れ

液体を全て一気に加え

スケッパーで切るように混ぜる
(練ってはいけません)

sodabread5
このように混ざればOK
(けっこう重い塊になります)

sodabread2

くっつき易いのでオーブンシートを敷いた型に入れて
(流し入れるという感じではなく
詰め込むという感じ)

中央に切り込みを入れる
(2cmくらいの深さまでぐぐっと切ります)

型に入れなくても天板の上に丸く成形して
十文字に切り込みを入れてもよいです
(カンパーニュみたいに)

200℃のオーブンで45分くらい焼く
sodabread3
できあがり

バター(加塩)をたっぷり塗って食べるのがおすすめです。
冷めると固くなるので、軽く温めて食べた方がいいかも




しいたけの原木

shitake
しいたけの原木を2本購入

チャリティー植木バザーに行くゴンに気まぐれに「しいたけの原木買って来てー」と言ったらほんとに買ってきてくれたので頑張って育てなくちゃです

3歳の時に住んでいた山の家で両親がしいたけを少し育てていて(というか前の住人が置いていった?)、収穫の時に感動した思い出があります。ただし、収穫体験したからといって「わたしがとったしいたけおいしい!」とはならず、長い間しいたけは「飲み込もうとすると喉がキュッと閉まって拒絶する」ほど苦手な食材の一つでした。
大人になるにつれて食べられるようになり、今ではむしろ好きなくらい。免疫力を高める効果もあるそうだし、家で新鮮なものが食べられたらいいかも〜、という気まぐれです。

ちょっと本やネットで栽培のコツを調べてみようと思います。しいたけ発生までは二夏ほどかかるそう。気長に待つことにします。

リフィーがヒキガエルを.... !?

2

リフィーがヒキガエルを食べちゃった!
ひどいぃぃぃぃ

...................うそです。

ペーパークラフトです。
下の写真を撮った後に
「リフィーが鼻で挨拶してる写真とか撮れたら可愛いかも」
と思って目の前に置いたら
パク!
.....一瞬でやられました。浅はかでした......
kaeru

息子に教えてもらった豆庭園 さんのペーパークラフトです。

本家サイトのカードの兵隊 さんのクラシックカーや
サグラダファミリアなどの大物も素晴らしい!
しかもフリーダウンロードさせていただけるんです。
ヒキガエルはあまり上手にできなかったけど
今度はゴイサギなどに挑戦したいです。

GWも一段落... ?
仕込み以外は紙工作などをして体力温存に努めています
・・・・っていつも通りのインドア生活じゃん。


"God ain't on our side" 喜び方が.....

1
何よりもこの喜び方がショック......

USAでも日本でも
「死に値する罪」という概念があるからこそ死刑が在って.....
"人を殺すことも場合によっては正義”
ということになっているんですよね。

「戦争してたんだからそういうもの」
と言ってしまえばそれまでだけど、
正直「あんな喜び方をしていいんだ....」
とびっくりしました。

その後CNNで
「9.11の時にはまだ子どもだった若者たちが集まって...」
という話を聞いて、よく見たら確かにみんな若くて。
少し納得すると同時に暗澹たる気持ちになりました。

戦争があると儲かって嬉しい人達がいるのとは別に
一般の人達も子どもたちにそういう教育をしてきたってことなんだ.....と思ってとても怖くなりました。

私はUSAのことも何にも解ってないなー....


9.11の後すぐにシルヴィアンが書いたWorld Citizen
再びかみしめています。
解っているに人は最初から解ってた......

And the buildings fall
In a cloud of dust
And we ask ourselves
How could they hate us?
Well, when we live in ignorance and luxury
While our super powers practice
Puppet mastery
そしてビルが崩れる
もうもうたる粉塵に包まれて
ぼくらは自問する
なんで憎まれなくちゃいけないんだ?
それは、ぼくらが無知と贅沢にひたって暮らすあいだに
ぼくらのスーパーパワーが
操り人形劇を繰り広げているからさ
(中略)

Cos god ain't on our side
The shoe won't fit
And though they think the war is won
That's not the last of it
神がぼくらの側についているなんてありえない
だから思惑どおりに行くものか
やつらは戦争に勝ったつもりだけど
これで打ち止めじゃないさ

Disenfranchised people
Need their voices heard
And if no one stops to listen
Lose their faith in words
権利を奪われた人びと
彼らの声を聞かなくては
もし立ち止まって耳を傾ける人がだれもいなかったら
言葉への信頼は終わりだ

And violence rises
When all hope is lost
Who'll embrace the human spirit
And absorb the cost?
そして暴力が台頭し
すべての希望が消え去るとき
だれが人間の魂を抱きしめて
その損失を引き受けるんだ

words by David Sylvian/翻訳:星川 淳
北瀬あき
八ヶ岳のIrish Pub BULL&BEARのコックです。1974年東京生まれ、長州育ち。趣味で水彩画や猫漫画を描きます。1999年八ヶ岳に移住。夫のゴン、息子たけし、猫2匹と犬一頭と暮らしています。
e15cc7c9

BlogPaint





gallery
  • 懐かしい!Kittenwar
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • リテーナー生活
  • 小津作品がたくさん 米hulu
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • 可愛いぞ英国アイドル
  • エルダーフラワーが咲き始めました
  • 3ニャンの現在
  • ふんばる子猫
  • 支離滅裂!まふらちゃん(と、子猫ぼんてん)
  • 息子チョイス
  • エラーさんの 『ウッ 僕だよ』
  • うちの冷やし中華
  • サラダが美味しい季節
  • 混色の勉強
  • 猫の目頭にマダニ
  • 生姜ミルクプリン
  • 生姜ミルクプリン
  • グループ展を開きます
  • グループ展を開きます
  • 薬漬けな日々
  • 水彩紙
  • 水彩紙
  • 自画像は煩悩のカタマリ
  • 猫飼いがまた一人(* ̄∇ ̄*)
  • ヒゼンダニと犬猫疥癬
  • 猫を保護してどうするか
  • ふてくされ中まふらさん
  • キアヌの座禅姿
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ペザントとポレンタ(水彩)
  • ニュー・シネマ・パラダイス
  • ダニエル君
  • untitled
  • おじいちゃんに日本語で
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • yo-yo
  • まふら
  • 本日のスケッチ
  • 海と山
  • 民主主義はタダじゃない
  • ごあいさつ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ