Yatsugatake Trifle 2

八ヶ岳南麓の "とるにたりない" 日常と水彩画

March 2014

椿油のクリーム

コスメに疎くて、いつも適当にスキンケア用品を買っている私ですが...

今日、たまたまフェアトレードのお店で買ってみたこのクリームは、なんだかいい感じ

溶け方と伸び方が気持ちよくて、ベルガモットの香りが、微かに。
(香りが突出しているものは、例え芳香でも、それに意識が行き過ぎるから苦手。でもこれは大丈夫だった)

陸前高田の高品質なツバキ油と、ネパールのハチミツが使われているんだそう。
画像1


ツバキ油と言えば....
子どもの頃、学校の側の林で友達が椿の実を拾っていたから
「それ、なんするん?」(←萩弁)って聞いたら
「婆ちゃんに、売るから集めぇて言われたそ」というから
「ほんならウチらーもひらうぃねー」って言って、
遊びながらみんなで手伝ったりしたなあ。
その後、どこで「椿油」の字を見ても、その子と、スベスベした椿の実の感触を思い出してしまいます

英国のイスラム教徒一家のお話

Citizen_Khan_Cast

画像1

BBCコメディ『CITIZEN KHAN』を見始めました。
オーソン・ウェルズの『シチズン・ケーン』をもじったタイトルのこのコメディ、大好きな俳優クリス・マーシャルが出ているってことで取り寄せてみたんですが、比較的解り易くて笑えます

ある英国のパキスタン系ムスリム(イスラム教徒)の一家の日常を描いたコメディで、家長であるカーン氏の人間くささがなんとも可笑しい。
adil_ray
社会的地位にやたら執着したり、右寄りの新聞を愛読して(自分も移民なのに)新たな移民の悪口を言っていたり(南麓の新住民でも、そういう人たまにいるいる!)、改宗した白人のムスリムを見下したり、障がい者用のパーキングに駐車したり.....。
こういう恥ずかしくて微笑ましい人や現象が「いるいる! あるある!」的な笑いとして、とっくに共有されているところが、いかにも英国らしい

このドラマを書き、主演(カーン氏)もこなした人の素顔を見てびっくり。
adil_ray001
かっこいーい! 別人!
アディル・レイ。
彼自身がパキスタン系ムスリム英国人で、ムスリムへの偏見を扱ったドキュメンタリーなども制作しているようです。
 

(下ネタ注意)可愛い次女が心配な、ふつうのお父さん(爆笑) 



ついでに....
o-ZAYN-MALIK-facebook
パキスタン系ムスリム英国人と言えば思い出すのが(...ていうか他に知らない)、One Directionのゼイン君。ムスリム嫌いな人たちからの誹謗中傷がひどかったとか、同じムスリムからも「アイドルが軽々しく神の名を口にするんじゃないよ」的な批判があったとかなかったとかいう噂。twitterを彼だけ退会しているのはそのせい??ちょっと気になります。
 Xファクターのオーディションに合格したところから全員を観察した結果、一番かっこ良く変貌を遂げたのは彼かもね〜...と。頑張れ〜!
 

Barry's Tea 復活

画像1
世界で一番、紅茶をたくさん飲む国民、ご存知ですか?
答えは意外にもイギリス人ではなく、アイルランド人だそうです

アイルランドの人たちは、紅茶を日に何杯も大きなマグカップで飲むので、家庭ではもっぱらティーバッグを使っているみたい。

そんな紅茶好きな国民、アイリッリュの間で最も人気のあるティーバッグBARRY'S(バリーズ)が、ブルベアでも復活します。オープンから数年はお出ししていたのだけど、その後、いろいろ悩んでリーフティ数種に替えていたのです....。
...ところが....

久しぶりに飲んでみたら「うーん、良く出来てるなあ」と、改めて見直しました。

最初、ストレートで飲むと「んー、味はしっかりしていてまろやかだけど、香りは薄いなー....」という感想。

ところが....

牛乳を加えると、途端に印象が変わります。
紅茶+ミルク、の美味しさって、そうだよ!こうだよ!という感じ(よくわかりませんね
ミルクと合わせることで、始めてその真価が発揮されるティーバッグなんだな〜、と思いました。
水色も味もしっかり。でも、渋みがない。ミルクを足すと、それぞれの甘みとフレイバーが増幅して、口中で心地よい〜。ガブガブいけちゃいます バター使用の焼き菓子やアイスクリームとも相性抜群。

4月1日のメニュー改訂と同時に始まりますので、よかったらお試し下さいね 
 

余談。
息子がミルクティー好き(というか中毒)だから、BARRY'Sのティーバッグを住居の方にも置いてあげたい気はするけど....なにしろ原価がお高いから、どうしよっかなー... 
息子は日に何度も、2時間おきくらいに自分で紅茶を淹れて飲みます。リーフを置いてあっても使わず、もっぱらティーバッグ派(お徳用リプトンを使用)。少ないお湯で濃く出して、ミルクたっぷり。砂糖は入れず。
.....そんなにミルクティー好きなんだから、アイルランドに行ったらいいんじゃない?...とか。

 

学校給食の思ひ出

画像1
今週の息子の学校の給食メニューを眺めていて「自分の時はどうだったっけなー?」と、思い出していました。

島の小中学校の給食は美味しくできていたと思うけど、子どもの頃は、給食を食べることが苦痛だったなぁ(現在の私とは正反対!.....)。子どもの頃は好き嫌いがあったし、量も多くて苦しいのに残すことは許されなくて、なんとなく理不尽と感じてたのかも。今となって考えてみたら、いろんな人の「こうしたら子どもたちにいいんじゃないかな」という思いが詰まっていて、ありがたいことなんだろうけど。「親の心子知らず」ってやつでしょうか...



以下、思い出したこと。

*牛乳は200ml紙パックで、瓶やテトラパックに、なんとなく憧れていた。

*食器はアルミ。先割れスプーンを頻繁に使っていた。
箸のことが思い出せない。
57


*ご飯メニューはほとんど、炊き込みご飯、ゆかりご飯、菜飯などで、麦が入っていて、どれも美味しくできていた。

*コッペパンがカサカサで嫌いだった。たまに葡萄パンが出たけど、ロールの過程で干しぶどうが思いっきり中心に偏っていて、子ども心に「もちぃと、散らせんもんやろうか....?」と思っていた。

*たまに「黒糖パン」が出た。ほんのり甘くて、いつもよりしっとり感があったので好きだった。

*パン食メインだった給食から「米も見直そう」という気運が出たのか?小学校低学年の頃にたしか週3米食へ、増えたような記憶(うろ覚え)。
小2くらいの時、それまでのパンの購入先だった萩の木村屋が倒産し、神戸屋というお店に代わった。その神戸屋も、数年前に潰れてしまったそう。

*ポーションジャムは、苺の頻度が高く、次にリンゴジャム、めったに出てくれないのがチョコレート。四角いマーガリンが出ることも。

*「親子丼」の具は、人参や椎茸が入っていて汁が多めで、ご飯にかけるとほとんど雑炊。でも喉を通りやすかったので、妙に好きだった。
(今「給食 親子丼」で検索してみたら、まったく同じイメージのものがたくさん出てきて興味深かった。全国的にそうだったのかな??)
20


*まだ土曜日も半日登校する時代。土曜のお昼は牛乳+たまごドーナツが出て、嬉しかった。たぶん揚げたてで、外側がカリっとしていて美味しかった。
帰宅した後は母が、肉うどんや、ちゃんぽんを作ってくれた。
35


*カレーライスはバーモントカレールゥ甘口使用の、豚肉入り。カレーは好きだったけど、必ず黄身が青くなるまで茹でられた固ゆで卵が添えられていて、喉が詰まるから「カレーの日」自体は嫌だった。そのせいか?今でも固ゆで卵が苦手。

*5cmくらいにカットしてあるミートソース和えの細めスパゲッティがよく出て、苦手だった。

*クリスマスには苺のショートケーキが出て、嬉しかった。

*デザートは、ミカン、リンゴ、スイカ、黄色いプリンスメロン、プリンなど。たまにマスクメロンが出て、やんちゃ系の男子たちがわざと皮を裏返して下の歯でガリガリ食べて見せて、女子は笑い転げるパターン。

*他県の人からよく聞く「ソフト麺」や「揚げパン」は、出たことがない。



参考。
世界各国の給食。
23

もちろんここに載っているのが全てではないけど...
どの国も面白ーい

中でも、フランスの4枚が興味深すぎる...
地域差なのか階級差なのか?
1枚目、シューストポテトがメイン!?と思いきや、ムール貝にアーティチョークを1人に一個とかww。そしてデザートが3種も!
2枚目 、クスクス+肉+ラタトゥユぽい野菜の煮込み、ガルバンゾー入り...。
3枚目 肉の煮込みにレンズ豆が添えられて、副菜も押し麦か?ヘルシーそう。
4枚目 よく見えないけど、鴨肉やチーズが使われて5品も。なんだか美味しそう。

 

可愛いぞ英国アイドル

「一緒にももクロを応援しようよ〜
と迫ってくるゴンに、
「なんでよ。若い子追いかけるなら、おばちゃんは男子のほうがいいわ。One Directionでも見るわ
...と冗談で言ってたんだけど...。

ちょっとYouTubeで見てみたら...
かっ.....かわいい(笑)
息子くらいの年から頑張ってきた男子たち....
BlogPaint

ちょっとわかったぞ。
5人もいると、見分けようとしてるうちに
歌とか顔を比べてちゃって、そのうち
無意識に「好みを選ぶモード」になって、はまっちゃうんだな??
(子どもの頃からジャニーズとかが苦手で、よく解らなかった)

英国ロックにハマっている息子は
「僕は無理....」と。
まあ、そうだよね。


ハリーのハスキーな声と、ルイの顔立ちが素敵
アイルランド出身のナイルは童顔で、歌い方も素朴でちょっと浮いてるw
パキスタニー入ってるゼインのエキゾティックな顔はいかにもあちらでモテそう。
それぞれのアクセントとか聞き比べてたら面白くて、いろいろ見てしまいました。

ハリーの声がしっかり味わえる、この曲が一番好きだな。
docomoのCM曲。
他の、アイドルの合唱ぽいのはさすがによくわからない


(メンバーにはアイリッシュもいるし、投稿タイトルの「英国アイドル」という表現は多分まちがいなのですが...まあ「ブリティッシュイングリッシュ文化圏の男子」的な意味で、くらいに受け取って下さいw)

 


梵天のおもちゃ、もう買わなくていいみたい

画像1
眠い時を見計らって、
ブラッシングする。

画像1
3日分くらいためたら、はがす。
 
その都度はがすより、ためたほうが
加速的に毛が絡み易い気がするから...
 

画像1
てきとうに丸める。

画像1
盛り上がって、30分は一人遊びしてくれる。
「ネズミにゃー!!! 」

いや... 君の毛だから。
おもちゃを自給自足....お母さん、助かっちゃうな。
毎回どっかに失くすけど、これなら作り続けられるから、もうホームセンターでおもちゃのネズミを買わなくてもよさそう(たぶん毎度、家具の下に入っちゃって、掃除機をかける度に吸い込まれてる)。

梵天は、こういう毛のおもちゃが好き(フェイクでも)。

亡くなったモモの場合は、軍手の指に革ひものしっぽを付けたネズミが妙に好きだったなあ。。 

画像1

遊び狂う梵を眺める、まふら。
「バカじゃないの?」

....と、思ってるかどうかは分かりませんが。 

まふらこそ、ブラッシングしたいんだけどな....。
近づくだけで、怒られます 

その後の3びき

狭いスペースで4頭も動物を飼っていた我が家。
モモが亡くなったことで、どう変化するのか?リフィ、まふら、梵天丸、3者の力関係....と思っていたのですが、今のところ、なんとかなっている感じです。(というか、彼らなりになんとか適応するしかないもんね...)


まふらの様子
モモ依存が激しかったまふら。
モモの生前はゴンとよく「まふらはモモちゃんが死んじゃったら、寂しくておかしくなっちゃうかも知れないね.....」と心配してましたが...
居なければ居ないで、特に何も気付かないのか? 
意外と、元気でやっています。
まふらちゃん......おつむが「おはぎ」くらいちっちゃいから、仕方ないね〜 
むしろ安心しました。
毎日、ゴンにプリプリ甘え、私やリフィや梵天には、元気いっぱい殴りかかってきます。

画像1
私のTV鑑賞をわざと邪魔する梵。
その梵に因縁をつけるまふら。
画像1
梵、怖くて耳ぺったんこ。

梵天丸の様子
「カリカリは! 飲み物だぜ!!!」
「怖いおばさん!(←まふらのこと)鬼ごっこして遊ぼうぜ!!今日こそオレは、勝つぜ!!」
「おかーちゃん!(←私のこと)眠いから、なぜれ! ニャアアア!」
「黒いでっかいの!(←リフィのこと)、怖いから急に動くなよ!殴るぞ!」
まったくいつも通りのバカ。ははは...。


画像1
梵の香箱スタイルは、前足の収納がふつうと違うと思う...
手が大きすぎて丸められないのかな?


リフィの様子
相思相愛だったモモを失くしたリフィ...。でもいつも通り、みんなに優しい。
寝ているところを、まふらにビシビシ殴られても「キューン!」と鳴くだけで絶対にやり返さない。
びびった梵天に「シャー!!」と威嚇されても、後ずさるだけで、吠えたりしない。
 ほんとにえらい ありがたい。
画像1

梵天は、リフィへの恐怖を克服したいのか? 
毎日少しずつ近づいてます。笑える。
 
リフィの新しい定位置に、柔らかいラグを買ってあげたい。


画像1
梵の若さがまぶしい....
北瀬あき
八ヶ岳のIrish Pub BULL&BEARのコックです。1974年東京生まれ、長州育ち。趣味で水彩画や猫漫画を描きます。1999年八ヶ岳に移住。夫のゴン、息子たけし、猫2匹と犬一頭と暮らしています。
e15cc7c9

BlogPaint





gallery
  • 懐かしい!Kittenwar
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • リテーナー生活
  • 小津作品がたくさん 米hulu
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • 可愛いぞ英国アイドル
  • エルダーフラワーが咲き始めました
  • 3ニャンの現在
  • ふんばる子猫
  • 支離滅裂!まふらちゃん(と、子猫ぼんてん)
  • 息子チョイス
  • エラーさんの 『ウッ 僕だよ』
  • うちの冷やし中華
  • サラダが美味しい季節
  • 混色の勉強
  • 猫の目頭にマダニ
  • 生姜ミルクプリン
  • 生姜ミルクプリン
  • グループ展を開きます
  • グループ展を開きます
  • 薬漬けな日々
  • 水彩紙
  • 水彩紙
  • 自画像は煩悩のカタマリ
  • 猫飼いがまた一人(* ̄∇ ̄*)
  • ヒゼンダニと犬猫疥癬
  • 猫を保護してどうするか
  • ふてくされ中まふらさん
  • キアヌの座禅姿
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ペザントとポレンタ(水彩)
  • ニュー・シネマ・パラダイス
  • ダニエル君
  • untitled
  • おじいちゃんに日本語で
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • yo-yo
  • まふら
  • 本日のスケッチ
  • 海と山
  • 民主主義はタダじゃない
  • ごあいさつ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ