Yatsugatake Trifle 2

八ヶ岳南麓の "とるにたりない" 日常と水彩画

July 2014

2014.07.30 「泡がヤバい」

2014.07.30
今日も団体さん14名様のご予約があったので、昨日と少しメニューを変えて、最後に通常メニューとは違うカレーを特別に作ってお出しした ココナッツ入りのチキンキーマに夏野菜を添えた、マイルドなカレー。
curry

昨日も来て下さったこの若い団体さん。「ここのギネスは飲んどいた方がいいよ」と皆に薦めてくれる方が中にいらしたので、飲める人の多くがギネスに挑戦していた。皆さん口をつけた瞬間...

「うわー!何これ!美味しい!」
「泡がクリーミィ!ヤバい!」
「ヤバいヤバい!泡がヤバい!」
「ヤバいヤバいヤバいヤバい!」

と、感動してもらえたようだった。
どうも泡がヤバいらしい
解ります(笑)

 

2014.07.29 『ホテル・ルワンダ』

2014.07.29

今日は若い人14名様のグループのご予約があって、おまかせ料理で対応させていただいた。明日もご予約を頂いているので、コースの内容を変える予定 

hotelrwanda
『Hotel Rwanda(邦題『ホテル・ルワンダ)』を米Hullで見つけたのでやっと観た。大変良かった。
1994年にルワンダで起きた大量虐殺事件を背景に、1000人以上の避難民を匿って救った、あるホテル副支配人の回顧録を元にした映画。

恐怖の中でも理性を失わず、勇気と機転をもって困難を切り抜けていく主人公がすごい。
大きな刃物を手に虐殺側にまわるのは、それまで普通の市民だった人たち。
たぶんどこの国でも、ふだんから民族とか出自で人間を分けて考えているようなアレな人たちは、簡単に煽動に踊らされて豹変してしまうんだろうな...怖い 

「これ、よく日本に来たね〜」と思っていたら、町山智博さんがずいぶん頑張って活動し、日本公開を実現したと後で知った。ものすごく納得...。 


52

『ホテル・ルワンダ』と同じように「いつか機会があったら観よう」と思っている映画がウン十年分いろいろたまっている。
最近は「おっ」と思ったものを憶えていられなくなったので、Filmarksというレビューサイトを使ってみることにした。面識もない人のレビューに興味はないんだけど、「そのうち観よう」と思う映画をマイページにclipしてまとめておけるから、少しは機会を逃しにくくなるかも知れないと期待して....

2014.07.28 赤いお肉

2014.07.28
Image-1

猛暑の週末にイベントをやって少しバテ気味になってしまったので、家族焼き肉してきた 
これから秋までは、県外からのお客さんが押し寄せてまったく近づけそうになくなるお店の代表格、「但馬屋幸之助」。
今日は早めに行って名前を書いて開店まで待って、なんとか入ることができた。  

気のせいかもしれないけど、赤い牛肉を食べないと元気が出ない(脂は要らない)。
ゴンは最近牛がだめということで、豚と鶏。
息子はホルモン。
私はこまぎれ肉。
最後はみな赤ラーメンで締め 

さあ、忙しい夏を乗り切るぞ〜!

2014.07.27 ねむねむ梵

2014.07.27

洗濯物仕分け用のカゴに入る梵。
bon1

眠くて不細工になってくる梵。
bon2


ふわ〜..... ねむねむ梵。
bon3


和むねえ 平和だ。
この無垢な末っ子が、ずっとこんな風にゴロゴロ言ってくれてたらいいなあ。それで家族みんなで「あはは!ぼんちゃん、可笑しい!って、ずっと笑っていられたらいいなあ。

今日も世界中で、国内で、悲惨なことが起こってる。
子どもたちが殺され、猫までが空爆のがれきの中で怯えてる地域もある
きっと自分も間接的に関わってる。
たぶんどんな事象にも...。 

どうすればいいのか、無知な私には解らないけど。
とにかく、加担への意識が希薄で無自覚で、「あの国は最悪!」「あの派が悪い!」なんてことばっかり言って溜飲を下げて終了!な、みっともない人たちみたいになりたくないと思うだけ。

2014.07.26 牛熊ゆかた祭り

2014.07.26

牛熊ゆかた祭り、無事終了。
PUB家は、経費削減のためプリント地でざっくりミシン縫いした(ほとんど仮装衣装クオリティの)ゆかたを着てお迎えしたけど、参加者の皆さんそれぞれ個性的で素敵な衣装を見せて下さって、とても楽しかった 
それにしても暑かった!
次回はもう少し涼しい時期にしようかな?

yukata

テキスタイルデザイナーの岡理恵子さんの生地に一目惚れして取り寄せたのだけど、想像以上に薄い生地で、縫うのも着るのも本当に大変だった
いつか、かっこいい反物で本気で仕立ててみたいな...
 
yukatamatsuri1

祭り当日限定の、抹茶白玉アイスきな粉プリン添え。
yukatamatsuri2
黒蜜はもう少し濃く煮つめた方が良かったな〜...と反省。
 

2014.07.25 和風デザート

2014.07.25
wafu


明日は「牛熊ゆかた祭り」なので、スペシャルメニューの和風デザートの準備をした。
小豆を煮て、黒蜜も煮て、きな粉プリンを作った。これに抹茶白玉とアイスクリームを合わせる予定。
これはゆかたを着てご来店してFacebookにチェックインしてくれた方への特典なのだけど、ふつうに販売もする予定(450円)。

それにしても暑い。
ゆかた祭りのタイミングに暑くなるのは納涼の気分が出て良いけれど....私、厨房で割烹着も着て、働けるのかな?


2014.07.24 うなぎと珈琲

2014.07.24

「小淵沢 井筒屋」で鰻。
久々にお店の鰻を堪能
もうこれで、涼しくなるまでは八ヶ岳南麓の有名お昼どころには近寄れなくなるはずだから、ちょっと豪勢に
idutsuya3
二種の鰻が楽しめる「うな箱二のう」(大盛り)
白い鰻のほうのご飯には葱と大葉が散らしてある。

idutsuya1
いつも混んでいる人気店
idutsuya2
現在は全席テーブルと椅子になっている。


昼食後、大泉の「珈琲焙煎工房 豆玄」を初訪問。
豆の販売の他、カフェスペースで珈琲各種が頂ける。
木の香りがする居心地の良い空間。ソファ席で長居してしまった
mamegen2
マンデリン
 
mamegen1

mamegen3

最近困っているリフィの行動について、犬飼い歴の長い先輩方にいろいろ聞いて勉強になった。さっそく実践

夜、友だちの猫の訃報。
一昨日もお客様の17歳の犬の訃報が入ったばかり。続くなあ

 

2014.07.23  ムカデがヤモリをもぐもぐ

虫が苦手な方は閲覧注意。
(写真をクリックするとモザイクが取れます)

BlogPaint


BlogPaint

これは2007年に山口の実家で撮った写真で、大ムカデがヤモリを抱え込んで食べているところ。

このムカデ,みんなで囲んでわあわあ騒ぎながら見ているのに、おかまい無し。
モグモグガツガツモグモグガツガツ.....ひたすら食べ続けていた
「肉!肉!肉!うまい!柔らかい!肉ぅぅ!」
....という喜びの声が聞こえてきそうな迫力で、邪魔をするのが躊躇われるほどだった。

このヤモリには大きな傷があったので、たぶんムカデが捕獲したというよりも、たまたま見つけた死骸に飛びついたところだったんではと思う。
たぶん日本最大級のムカデ「トビズムカデ」。これは12cmくらいだったと思うけど、一度だけ20cm近いものも見たことがある。大きいものはコウモリや蝉も補食するとか...

ちなみにこのムカデはその後、家族によって、当時流行っていた氷殺ジェットをかけられ(そのくらいでは死なない)びっくりして手足をにぎやかに動かして慌てているところを火ばさみで捕獲され、外に放り出された。

気持ち悪い写真だけど、こんなに生命力溢れたレアな写真が撮れたことは後にも先にも無いので、けっこう気に入っている

 

2014.07.22 庭のお客様

2014.07.22

庭のラベンダーのそばにカナヘビ(?)が居た。可愛い。
kanahebi

他にも、庭にはいろいろお客様がいらっしゃる。
1

これは少し前、アナベルがまだ緑色だった頃の写真。
バッタ?
昨日はこれと同じ種類の、もっと大きい5cmくらいのが来ていた。
メダカ鉢の葉っぱなどをムシャムシャ食べているらしい(ゴン談)。
それくらいなら別に害虫とも思わない。
お店に使うミントを食べてしまう小さな甲虫や、ヤマボウシの熟れた実に毎年やって来るスズメバチには困ってしまうけど。


frog

これも少し前に来た、アマガエル。
近所の、水棲生物大好き青年に聞いたら、やっぱりアマガエルがメダカを食べる心配はなさそう。それならどんどん来て欲しい。カエル可愛い 

その青年からは先日「イモリを飼いませんか?可愛いですよ」と薦められた。イモリより、子どもの頃慣れ親しんだヤモリのほうがいいな〜と思ったけど、ヤモリは生きた蛾などを給餌しないといけないようなので飼うのは諦めた。

ヤモリ....と言えば思い出した。
前に島で撮った、ムカデがヤモリをもぐもぐ食べている閲覧注意な写真。あれどこに行ったかな?
見つかったら、ここにも残しておこうっと
 

2014.07.21 塩尻 東座『あなたを抱きしめる日まで』

2014.07.21

塩尻まで映画を観に行ってきた。
azumaza2

azumaza
以前から評判を聞いていた東座。噂通りラインナップも良いし雰囲気もレトロでいい


philomena

『あなたを抱きしめる日まで(原題:Philomena』
挫折したオックスフォード出のエリート記者と、ロマンス小説大好きなふつうのおばあちゃん。神を信じない英国人と、カソリックのアイリッシュおばあちゃんが2人で人探しをする珍道中ムービー。

くすっと笑える場面あり感動ありの良い映画だった。
....が、ベースになっているのは、アイルランドのカソリック教会の闇の部分がもたらした悲劇。
これは実際に1人のアイルランド人女性の身の上に起こったことで、元BBCの記者が彼女に同行して取材をすすめた顛末が映画になったもの。若い頃に強制的に我が子と引き離された女性が、50年たって本格的にその子の行方を探す話。

アイルランドでは昔、婚前交渉をもった女性は罪人とみなされ、家族に捨てられ修道院(というか教会が運営する強制労働所)に閉じ込められ、厳しい監視の下、洗濯の奴隷労働をさせられていた。そうした施設で生まれた子どもは勝手に養子に出された(売られた)ため、たくさんの生き別れの親子が生まれた。
この映画では出てこなかったけれど、婚前交渉や妊娠というだけでなく、レイプされた少女や、単にモテるという理由で小悪魔的美女が収容されたケースもあり、一生を施設で過ごす女性もいたらしい(出ても社会や家族から見放されているから、出られなかったのかも)。信じがたいことに、90年代までこういった施設がアイルランド各地にあったとか...

参考 NEVERまとめ 
アイルランド共和国、国家としてマグダレン洗濯所の奴隷労働従事者に謝罪


おなじテーマのこちらの映画も参考になる。
『マグダレンの祈り(原題:The Magdalene Sisters』
具体的にどんな非人道的な扱いがされていたかがより解る。
後味の悪さで定評のある(?)ビョークの『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の10倍くらい私はヘコんだ。実際にあったことだと思うと

2014.07.20

2014.07.20

3連休の中日。降ったり止んだりのお山だったけど、たくさんのお客様が遠方からも来て下さった。

数日前の写真。
1

アナベルが満開。
その中心にある、メダカ鉢。
大雨が降る度に、5mmほどに育った子メダカが流れてしまわないかと心配。
2

塩尻東座で『あなたを抱きしめる日まで』上映中と聞いたので、急遽、明日観に行くことにした。
実話ベースのイギリス映画。
生き別れになった息子を探す、あるアイルランド人女性の物語。 
感動作として入って来てはいるけど、『マグダレンの祈り』の女性達と同じく、人権を蹂躙された人の体験が元になっているので、それなりに重たいんだろうと思う。
 

3
今日はフェ○シモの箱に入ってる梵天。
「可愛い箱が似合う可愛いボクですよ♪」...て思ってるな!?
もう〜っっ  ダメって言ったらダメだからね!!(なにが?ダイエットじゃないフードとか?) 

2014.07.19 ハコネコ

2014.07.19

猫ってやつは...
muffler

bon

なんで、小包の空箱を見ると絶対に入るんだろう。

故モモは入らなかったなあ。
まふらと梵天はびびりだから、箱に入ると落ち着くのかな?

 
3連休の初日ということで気合いを入れてお店の準備をしていたけど、今日はわりと静かな土曜日だった。でも明日の日曜日はもうほぼ予約でいっぱい。そんな日は必ず、予約以外の方も来られるし、問い合わせも多い。お断りすることになるのが毎度、心苦しい。なんとかうまくタイミングがずれて、みなさんに座っていただけたらいいけど...。

(月曜日はお休みです)  

2014.07.18 油汚れに重曹スプレー

2014.07.18  

今日は厨房を保健所にチェックしてもらう日だった(数年に1度の定期検査)。
フィッシュ&チップスなどの揚げ物が多い当店。ついつい溜めてしまった油汚れを、数日かけて落とした。
juso

油汚れ落としには、重曹スプレーが大活躍。
1kg500円くらいの格安の食品用の重曹を買っておき、スプレーボトルに入れぬるま湯で溶かす。ベトベトになったステンレスの壁でも、これをスプレーすると、汚れが茶色い水になって落ちていく。通販の洗剤のCMみたい
マジ○クリンなどと違って無害だし、安いからじゃぶじゃぶ使えるし、使えば使っただけ排水管にも良いという、夢のような粉。洗剤と併用するとさらに良いらしいけど、重曹だけで充分落ちるので、最近は洗剤は買っていない。

おかげで今日の検査も、滞りなく一瞬で済んだ。ほっ

Image-1

今日のお昼もズッキーニ麺入りのスパゲッティ。
パスタを1人80gに減らして、ズッキーニ(中)を2人で丸1本使った。
具は大好きな紫玉ねぎと、ズッキーニの中心部分と、お店でも最近使っているプロシュートを少し。

お昼といえば....子どもが明日から夏休みだよっ
全国のお母さん(またはお母さん以外の炊事係のみなさん)、お昼どうしましょうね?

2014.07.17 暑い

2014.07.17

八ヶ岳南麓も、ここ数日はさすがに蒸し暑くなってきた。外観重視で窓を小さく作った我が家は、風通しが良くないので暑くなりがち(冬期に暖かく過ごせる代償だから仕方ないかな)。

ぼー....っとしてる梵。
こうして見ると...でっかいなー。
ただ今がんばって5.5kg以内にセーブ中。
4


まふら様も、ぼー....
3


リフィと梵が、だいぶ近づいてきた!

2

「恐がりなだけで、本来は気だて良く、懐っこい」
...ていうところでは同類な、白黒の子たち。

種族の違う子たちが、疑心暗鬼な関係からスタートして、やがて「一緒に居る安らぎ」に変わっていく様は、ちょっと感動的   
人間もぜんぶ、そうなれたらいいのにな

2014.07.16 小淵沢「ロ・スコヤットロ」

2014.07.16
本日のお昼は小淵沢アウトレット内「ロ・スコヤットロ」のランチ。
3種類あるランチコースのうち、真ん中のお値段の(1600円台)を頂いた。

前菜の盛り合わせに今年もトウモロコシの冷製スープが登場。
びっくりするほど甘くて、香りが良い
モッツァレラは水牛のほうで、微かな香味がある。
1

友人と揃って、パスタは大盛りをオーダー 満足!(そりゃそうだ)
3


デザートは何かな〜?とワクワクしていたら、今日は桃だった!
2

グラニタとバニラアイスクリームが添えられた、日川白桃のコンポート
いつものチーズケーキやショコラの盛り合わせデザートも美味しいけど、これも嬉しいサプライズだった。
いつも美味しいし、シェフやスタッフの皆さんのまじめさと心配りが感じられる。勉強になる。大好きだし、尊敬しているお店の一つ。



今日は嬉しいサプライズがもうひとつ。
初山滋の本を頂いた!!
やっぱりいいな〜 キラキラしてる。
4


2014.07.15 ズッキーニめん

2014.07.15

zucchi

お昼、今年初めてのズッキーニ麺。
八ヶ岳南麓で今からが旬のズッキーニを、スパゲッティーニ(フェデリーニの時もある)に混ぜてカロリーダウンを狙うという、ものすごく気休め的なくわだて でもこれ、寂しい感じはまったくなく、とても美味しいので家族にも好評。

具は、庭で元気に成育中のセージを刻んで、豚肉と炒めてあわせた。フレッシュなセージの清涼感が本当に豚とよく合う。セージ植えといて良かった!
ソースはオイルにアンチョビとニンニクがあらかじめ合わせてある作り置きで、そこにレモン汁を加えた。仕上げにディルとグラナパダーノ、そして黒こしょうガリガリガリガリ(笑)


今日の梵天。
bonchi

もう〜っっ
可愛くしたってダメだからね!!(何が?)




 

2014.07.14 町山智博氏の映画解説

2014.07.14
休日。
たまたまYoutubeで見かけた町山智博氏の映画解説(ラジオ出演したもの)を、片付けものなどしながらずいぶんたくさん聴いた。
私は映画を見る前に予備知識を得るのが嫌いで、予告しか見ない。前評判もチェックしないし、感性をある程度知っている友だちの感想以外には興味がなく、映画評論的なものもめんどくさいので読まない。
でも、町山氏のコラムや解説トークは教養の裏付けがあって面白いので、読んで聴くに値すると思っている。
なんだったか....
最初、 サシャ・バロン・コーエンについての記事を読んで「おっ」と思ったような気がする。(サシャ・バロン・コーエンは英国人らしさを凝縮したような、ものすごくエグいジョークを放つ監督なので取り扱い注意 )

例えば...
観た人も多いと思われる『風立ちぬ』の解説。これは抱腹絶倒だったし、自分が感じたことの輪郭がはっきりした。
その他、PUB家が再放送にはまっている『カーネーション』の解説にも「そうそうそうそう!!」と、すっきり。

3
夕ご飯は、ラザニアとスープの残り。
ラザニアには茄子とズッキーニも挟んだ。油で揚げ焼きせず、グリルパンでノンオイルで焼いてカロリー(ちょっとだけ)カット。ベシャメルソースは作ったがボロネーゼソースは、初めて輸入食材店で買ってみた瓶入りの(500円くらいする)を使ってみた....が、やっぱり不味い。よくある安いミートソース缶(最近はレトルトになってるのかな?)と同種の、肉の味が死んだような独特な香り。

スープはお店の残り。ビーツのボルシチスープ。
サワークリームは浮かべないし、ウクライナの野菜で作ったわけでもないから、あくまでも「風」。ここで「ボルシチです!」とハッタリで言い切っちゃうと、料理人として誠実じゃないような気がするから「風」をつける。でも、お客様がイメージし易い、通りの良い単語も必要だし...。名付けって難しくていつも悩む

 

2014.07.13 『黒部の山賊』

2014.07.13
友人が紹介していて面白そうだと思ったが、山登りがまったくできない私が読めるものかな?と思って購入の決心には至らなかった本『黒部の山賊 アルプスの怪』伊藤正一著。
kurobe

風景画同好会でお世話になっている日野春アルプ美術館に伺った時に館長さんに聞いてみたら、さすが。やっぱり持っていらして、貸して下さった。この美術館には、畦地梅太郎氏の版画も常設されている。

(以下ネタバレ注意)

『黒部の山賊』とても面白かった
「山賊と一緒に生活した人のルポ!? 山賊って何?」という謎が、解けた。
山賊とは、別に登山者を襲う追い剥ぎのことではなくて、登山者が次々と遭難し死に至るような場所を軽々と飛び回り、熊やカモシカ、淡水魚を狩って生きた純朴な人たちのことだった。
厳しい自然と共生するには、ほんとうに高度な技術を要したんだなあ....と感心した。
幽霊などは信じない(怖いから信じたくない)私でも「いや〜」と、ぞっとする不思議なエピソードもたくさんあった。自然は底知れない....。

2014.07.12 悠山房

2014.07.12

写真をたくさん撮った1日。

友だちからお誘いをもらって、小淵沢「悠山房」へ

yusanbo
「チキンのフランス風ココナツカレー煮込み新玉ねぎのフリット添え」
2
ブルーベリー、ラズベリー、赤ふさすぐりの乗ったタルト
 
美味しいのは勿論、素敵なご夫妻とスタッフさんたちに会えるのが楽しみで通ってしまうお店  



ギャルリー アビアントで開催中の稲山貴栄さんのガラス作品展でgetしたピアス。
初めて拝見して感動したので、絶対いつか体験工房にお邪魔したい!
3


ryokuen
「IGELKOTT」に新たに登場した「緑園」コーナー。
ヨーロッパの可愛いヴィンテージカットクロスに目移りしたっ

tobi
看板犬のトビちゃん


4

PUBの庭のメダカ鉢にお客様。
「はぁ〜...水だわ〜 今日は暑かったからな〜 気持ちええわ〜....」みたいな顔に見える。メダカ食べないでね。


5

チワワのロボくんとリフィ。
リフィ(もういい歳の大人女子だけど)大興奮でピョンピョンぐるぐる。ロボくんは小さいのに堂々としててすごいな....
 

2014.07.11 やまよし

2014.07.11
ラーメンが食べたいとゴンが言うので、小淵沢駅近くにある「やまよし」という食堂で、3度目のお昼。昔からあるお店で、小淵沢移住者の古参の方曰く「最近はお洒落なお店がたくさんできたけど、昔はここくらいしかなくて、休みの日にはよく家族で食べに行った」だそう(また聞き)。
yamayoshi2
一番のり
日によってはすごく混んでる 

yamayoshi

ここではこれまでに
tonosama
「との様ラーメン」(看板メニュー?具の種類が多いタンメン)

himesama
「ひめ様ラーメン」(すっきり塩味で名前の通り上品。紫蘇や梅干し、わさびがアクセント)。「冷やしひめ様ラーメン」も。

akashogun
「赤将軍」(辛味噌で中太麺、野菜と豚肉)

kuroshogun
「黒将軍」(あんかけ中太麺の黒胡椒たっぷり。野菜と豚肉) 

......を順繰りに頂いた。

このうち「姫様ラーメン」と「赤将軍」が好みだったゴンも同じく。
メニューには、冷やし中華やトンカツ、ナポリタン,定食類など、大衆食堂らしいメニューが揃っていてどれも気になる。でも多分しばらくは、自分ではどうもうまく作れないもの(ラーメン)を食べに通うことになりそう...。
北瀬あき
八ヶ岳のIrish Pub BULL&BEARのコックです。1974年東京生まれ、長州育ち。趣味で水彩画や猫漫画を描きます。1999年八ヶ岳に移住。夫のゴン、息子たけし、猫2匹と犬一頭と暮らしています。
e15cc7c9

BlogPaint





gallery
  • 懐かしい!Kittenwar
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • リテーナー生活
  • 小津作品がたくさん 米hulu
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • 可愛いぞ英国アイドル
  • エルダーフラワーが咲き始めました
  • 3ニャンの現在
  • ふんばる子猫
  • 支離滅裂!まふらちゃん(と、子猫ぼんてん)
  • 息子チョイス
  • エラーさんの 『ウッ 僕だよ』
  • うちの冷やし中華
  • サラダが美味しい季節
  • 混色の勉強
  • 猫の目頭にマダニ
  • 生姜ミルクプリン
  • 生姜ミルクプリン
  • グループ展を開きます
  • グループ展を開きます
  • 薬漬けな日々
  • 水彩紙
  • 水彩紙
  • 自画像は煩悩のカタマリ
  • 猫飼いがまた一人(* ̄∇ ̄*)
  • ヒゼンダニと犬猫疥癬
  • 猫を保護してどうするか
  • ふてくされ中まふらさん
  • キアヌの座禅姿
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ペザントとポレンタ(水彩)
  • ニュー・シネマ・パラダイス
  • ダニエル君
  • untitled
  • おじいちゃんに日本語で
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • yo-yo
  • まふら
  • 本日のスケッチ
  • 海と山
  • 民主主義はタダじゃない
  • ごあいさつ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ