sudaidai
萩の母が、庭で穫れた酢だいだいを送ってくれました。
ふぐや、めいぼ(ウマヅラハギ)、アンコウ鍋などに使われる柑橘です。八ヶ岳に越してからはお魚の鍋はあまりしませんが、鶏の水炊きをこれでいただきます。夏みかんから品種改良されたものなのかな?香りは似ています。

Photo
母が荷物に入れてくれた瓦版。
この秋、萩では高杉晋作像が建てられたそう。志を立てた萩時代の姿、ということでザンギリ頭ではなくまげを結っています。龍馬伝で晋作を演じた伊勢谷友介さんと比べちゃいますね(銅像が気の毒)・・・顔ちっさいなー伊勢谷さん!

萩の城下町では、お堀の内側に夏みかんの木がたくさん見られるのですが、これは明治になって禄を失った武士達が栽培を始めたものなんだとか。龍馬伝の龍馬が「武士もみんな働けばええ」と言っていました。全国の武士がそれぞれ工夫して生業を見つけて生き延びたんでしょうね。