ソビエト時代、無理矢理解散させられそれぞれ辛酸をなめたユダヤやロマのオーケストラ楽団員たち。約30年の時を経て、ハッタリを強引に通してパリで奇跡のコンサートを実現するまでのお話。
喜劇だけど感動のラスト。

クラシック音楽の知識がまったくないですが、物語の中心的役割を担うチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は好きです。映画『ライト・スタッフ』でも効果的で印象的だったあの曲が、冷戦時代の米映画に使われたことには何か意味が込められていたりするのかな...??とまた別の興味が沸きました。
追記:勘違いしていましたが『ライト・スタッフ』の曲はチャイコフスキーの曲とはあくまでも別なんだそうです。似てるよね....