lustex
kiekoさんにいただいた走る猫の3Dポストカード。
つい何回も走らせちゃう(*´∇`*)

載ってたショップを見に行ったら気になるモノがいっぱい。


歯がちょっと痛いくらいでいろんな支障が出るんだから、もっと大きな病気と闘っている方々の日常はどれほど大変だろうかと想像してみたりする今日この頃です(いつかは他人事ではなくなるだろうし...)。

歯列矯正を始めたら抜くはめになった親知らず。術後の頬の腫れは日に日に小さくなっています。でも薬が切れると(もうないはずの)歯根がジンジン痛みます。顎の骨が痛んでるのかな。

かかりつけの(近いほうの)歯医者さんに術後の消毒をしてもらいに行ったら「小さな傷でやってくれたねー」とおっしゃってました。口腔外科の先生、やっぱり上手にやってくれたみたい?(「ちょっと大変な手術でした(⌒-⌒;) 」とおっしゃってましたが)

ということで、一ヶ月後の右の親知らずの手術がまったく怖くなくて助かります。といってもそっちは左よりもっと顎の神経に近くて危険らしいんだけど...。これ、逆だったら嫌ですよ。最初が痛かったら、まる一ヶ月、次への恐怖の中で暮らさなくちゃならない。

「傷があるからと大事にして顎を開けないでおくと、筋肉が固まって開けづらくなってしまうから、意識して口を開ける練習をして下さい」と言われました。

んあああーーーー( ・O・) と一日何回も大口を開けています。
恐ろしいことに、この2週間、あまりものを噛まないでいたらなんか..... 顎がちょっとたるんだ気がする( ̄ロ ̄|||) 腫れとは別に。がんばって噛まないと.....

抗生物質と消炎鎮痛剤を飲んでいるので断酒中です。あまりいいつけをまじめに守るほうではないんだけど鎮痛剤はアルコールと一緒に摂ると肝臓にすごく悪いと聞いたから...

とにかく、今週は熱を出して寝込むことも覚悟していたので、元気に働けることがほんとうにありがたいです。

メモ:矯正装置のゴムはコーヒーを飲むと色が着く気がする。
  :矯正は保険がきかないので、他の保険がきく治療と同じ診察時には決してしてもらえない。
    (今度矯正に行く時についでに抜糸はできないらしい)