息子は今、萩のおじいちゃんおばあちゃんの家に滞在中。
「何食べてるのー?」とskypeで聞いたら
「ごちそう!」と即答(笑)
魚狂いの彼にはきっと天国でしょう。

私は晩ご飯を作らずにすんでいてちょっと楽です(^ ^;)
べつに晩ご飯を作ること自体は手間じゃないんだけど、なんとなく「子どもには6時までに食べさせないと!」という強迫観念のようなものがあって、お店が忙しい時などは「あああ間に合わない!」と焦ってしまって気持ち的にちょっと大変なのです。
息子ももう12歳だし、別に夕ご飯が遅くなっても死にはしないことは解ってるんだけど、なんかね。

息子は月曜日に一人で飛行機とバスを2本乗り継いで帰ってくる予定です。これがもし12歳の女の子だったら、まだ一人で公共の乗り物に乗せたりは絶対にしないと思うけれど、男の子でもう160cmあるから、思いきって出しました。

実はわりと心配性で。
息子が赤子の時から、一人で留守番をさせたことは10歳以下では一度もありません。この2年ほどは、ちょっとだけ一人にすることはあったけど、30分以内がほとんど。うちの場合、お店だから一般家庭よりも「何か」が起こる心配が大きいということもあって。(アメリカでは12歳以下の子を独りにしたら親が罰せられるそう)
外出先でも、息子が公共のトイレに行く時などは必ずゴンについて行ってもらいました。「何か」が起こる可能性が万に一つでもあるなら、それを排除するためにできる対策はちゃんとしておきたいから。でないと後で後悔するから。

今、ゴンと私が心配していることは共通していて、
「息子が帰ってくる日に、東京で大地震が起きて難民になったらどうしよう(((( ;゚д゚)))」ということ。対策がよく解らないまま旅に出してしまったので祈るだけですが....... 祈りってまったく建設的じゃない気も。でも対策を知らないからといって何もさせないでいられる歳でもないし、ね。