rakugo
親子で大体ツボが同じなのですw
///
歯列矯正の痛みに苦しむ息子の気を紛らわそうと、一緒に「柳家喬太郎のようこそ芸賓館」を観ていたら「落語でもやろうかな( ̄∇ ̄)」と言ってベッドの上に正座し始めました。

猫たちが「お?」「なにが始まるんニャ?」と寄ってきました。ほんとに寄席みたいw

息子「茶の湯をやります!」
あき「おお〜 ぱちぱちぱち」

息子「.........マイクや!マイクや〜!  ハイ、ナニかヨウでスか?ゴインキョサン」
あき「!!(爆笑)」

*解説すると、「茶の湯」はご隠居さんが使用人の定吉を呼びつけるところから始まるネタなので、即興で定吉を欧米人(ホームステイ中??)にしたところですでに私のツボなのです。彼は春風亭一之輔さんの「茶の湯」を2回観ているので、その後の展開もけっこう憶えていました。

ネタは変わって、これも即興なんだけどシュールで笑えました。

息子「婆さんや、お昼ご飯はまだかな。 いやですよぅお爺さん、さっき食べたじゃないですか。 いや、わしゃ喰っとらん!  いやですよぅ、ハンバーグを食べたじゃないですか。 婆さん......ハンバーグは、きのうのお昼じゃ。今日はまだ喰っとらん!  いやですよぅ ほほほ。 いや、だから婆さんっ(((( ;゚д゚)))!(必死)


良い落語にたくさん連れて行きましたからねえ。志の輔、昇太、一之輔、彦いち、白酒.... TVでは喬太郎、百栄... 立派に私のツボを解ってくれるようになりましたw  モンティ・パイソンも見せたしね。何か新作落語を書いてくれないかな〜。