chocolat

マヤの秘薬チョコレートを自在に操る流れ者の女性が、保守的な田舎の村人たちに受け入れられるまでを描いたお話。
快楽と罪、自由と規律、受容と排除の物語。
ラストの若い神父の言葉が感動的。

それにしても、ビノシュ演じる主人公は魅力的すぎて、何百年か前ならきっと即、魔女決定で火あぶりになってるところだね。。。
(パイソンのメンバーで歴史研究家のテリー・ジョーンズの話では、魔女って、美女を誘って拒絶された男が腹いせに"魔女だ!”と言い出すケースが多かったそう)