坂本龍一氏の脱原発イベントの報を受けて、今日はずっと頭の中でこの曲がぐるぐるしていました。歌詞を書いて歌っているのは、坂本氏の友人の英国のアーティスト、ディヴィッド・シルヴィアン。いつも美しい詞を書く人です。この動画には小山田氏も出演してますね。

「安全じゃないんだ」
「心がそれ以上無理というまで、あなたの痛みを感じたい」
「日常を覆う無関心を、覚醒しつづけられる良心がほしい」

「失望なんてするものか」

10年くらい前の曲だけど、今のこの状況にもぴったり当てはまるような気がして。
「失望なんてするものか」。
これって、問題から逃げず、目をそらさず、長期的に闘おうとする人にしか書けない言葉だと思うんです。その闘いも、決して自分のためではなく、(自分とは関係ないけれど)権利をないがしろにされた少数の人達のためなんですよね。その痛みを、辛いけれど解りたいという姿勢が、感動的。



What happened here?
The butterfly has lost its wings
The air’s too thick to breathe
And there’s something in the drinking water.
ここで何が起きた?
蝶は羽をなくした
空気は息ができないほど重く
飲み水には何かが混ざっている

The sun comes up
The sun comes up and you’re alone
Your sense of purpose come undone
The traffic tails back to the maze on 101
太陽がのぼる
太陽がのぼって
きみはひとりぼっち
目的意識はほどけ
101号線の迷宮へ続く交通渋滞

And the news from the sky
Is looking better for today
In every single way
But not for you
空からのニュースは
今日はまだいい方だ
ありとあらゆる意味で
でもきみにとっては違う

World citizen
World citizen
世界市民

It’s not safe
All the yellow birds are sleeping
Cos the air’s not fit for breathing
It’s not safe
安全じゃない
空気が呼吸に適さないから
カナリアはみんな眠っている
安全じゃない

Why can’t we be
Without beginning, without end?
Why can’t we be?
なぜ僕らには
必ず終わりと
始まりが必要なのか?
なぜ僕らには?

World citizen
World citizen
世界市民

And if I stop
And talk with you awhile
I’m overwhelmed by the scale
Of everything you feel
The lonely inner state emergency
もし僕が立ち止まって
きみとしばらく話をしたら
僕は圧倒されてしまうだろう
きみが感じるあらゆるものの
スケールに
孤独な内部の緊急事態に

I want to feel
Until my heart can take no more
And there’s nothing in this world I wouldn’t give
僕は感じたい
心がそれ以上耐えられなくなるまで
そう、この世界には何もない
僕が手放せないものは

I want to break
The indifference of the days
I want a conscience that will keep me wide awake
僕は壊したい
日々の無関心を
目をずっと覚ましていられるように
良心が欲しい

I won’t be disappointed
I won’t be disappointed
I won’t be.
がっかりしないだろう
落胆はしないだろう
僕はきっと

I saw a face
It was a face I didn’t know
Her sadness told me everything about my own
誰かの顔を見た
僕の知らない顔だった
彼女の悲しみが
僕自身のすべてを語ってくれた


Can’t let it be
When least expected there she is
Gone the time and space that separates us
あるがままにはできない
そこに彼女がいるなんて
露ほども思わなかったそのときには
僕らを隔てる時と空間を超えて

And I’m not safe
I think I need a second skin
No, I’m not safe
そう、僕は安全じゃない
もう一枚、皮膚が必要だ
そう、僕は安全じゃない

World citizen
World citizen
世界市民

I want to travel by night
Across the steppes and over seas
I want to understand the cost
Of everything that’s lost
I want to pronounce all their names correctly
僕は夜、旅をしたい
大草原を超え、海を超えて
僕は理解したい
失われたものすべての犠牲を
正確に発音したい

World citizen
World citizen
世界市民

I won’t be disappointed
I won’t be.
僕は落胆しない
きっと

She doesn’t laugh
We’ve gone from comedy to commerce
And she doesn’t feel the ground she walks upon
彼女は笑わない
僕らは移ろった
喜劇から商業へと
そして彼女は
その足で歩く地面を
感じることができない

I turn away
And I’m not sleeping well at night
And while I know this isn’t right
What can you do?
僕は背中を向ける
そして夜、よく眠れない
正しいことじゃないとわかっている
でもなにができる?

(歌詞 David Sylvian  対訳 喜多村純)