写真
歯科の帰りに、寄ってみた所。
だいぶ寒々としてきました。

現在3週間おきに歯科に通っています。
今日はクリーニングを受けました。
歯列矯正をしていると、ワイヤーの後ろなどにブラシが当たりづらく、着色したり虫歯になり易くなるので定期的にクリーニング(ペーストを付け器具で磨く)が必要なのです。実際、ワイヤーの後ろだけ黄ばむので、いかに普段のブラッシングが物理的に汚れを落としているかが解ります。

矯正が始まって約1年がたちますが、現在はあまり辛いこともなく、順調に進んでいます。しいて言えば、抜歯した1本分の隙間が空いているから、すごくかっこ悪い、ということくらい。これはあと一年以内にきれいに埋まる予定です。

歯列矯正は確かに(日本では)高いけど、予防歯科に力を入れるちゃんとした歯医者さんにかかれるのであれば、虫歯や歯周病にならない習慣が身に付くから、将来インプラントなどで何十万、何百万もかかるよりは、ずっと安上がりかもしれない、と最近思うようになりました(もちろん、まじめにケアすればの話ですが)。
歯が揃った後に噛み合わせも調整するから、肩こりや身体のゆがみも改善されるという説もあるし。

先日、立ち寄ったお店で、女性の店員さんに「あの....歯、あとどのくらいですか?」と訪ねられびっくり。聞けば「私も20代の時に、お給料をやりくりして矯正したんです」と。「口の中が切れたりして辛いですよね。でも楽しみですね。頑張って下さいね!」と励ましてもらって、すごく嬉しかったです。やっている人が少ないので、辛さを解り合えるお仲間を見つけると嬉しくなってしまうのです。

オトナの歯列矯正、おすすめです。
(もちろん、子どもの頃に受けるに越したことはないだろうけど)