1
727670572
『ケルズの書』より模写↑
この書は今度アイルランドに行ったら絶対見ます


3月からメニューを新しくするので、料理の試作や写真撮り、紙面のデザインなど、地味な作業を続けています。

今日は楽しく素材を描きました
なんで手描きのものがあるかというと、実物を用意して写真を撮るより早くて楽だし、何も無駄にならないから(笑)

英国やアイルランドのPUBやレストランでのメニューには、ふつう写真はありません。文字だけでシンプルに書いてあって、お洒落。
あちらのメニューってどこも型が決まってるというか、構成が似てるから、写真が無くてもみんながイメージできるんでしょうね。
チェーンのファミレスみたいなところでは写真付きもあるけど、日本のファミレスと同じく、ちょっと庶民的というか、高級感が出ないみたい。

でも、うちは日本のアイリッシュパブ。
「パブってなに?」「アイルランドってどこ?」というお客さんだってたくさん。
だから、メニューはなるべく見やすく、味や量がイメージしやすいようにしたいです(無節操にいろいろな料理を置いてるしね)。

それに私、ファミレスの写真たくさんのメニューって、見ていて楽しくなるから大好きなんですよね