萩市沖合の島に住んでいる母と、久々に長電話。
フグの話。
下関が近いとは言っても、山口県民がお店でフグを食べようと思ったら、関東と同じく高いです。ところが.....

母「今日も漁師さんからマフグ(天然)を3匹も頂いちゃって。パタパタ!って、活きてるのよ〜。最近はもうね『静かになったらお願いね』って言って、お父さんにさばいてもらうの。力仕事で大変だから。一人一匹ずつ頑張って食べたけど、まだ一匹残ってるのよね.... 旅行の前に食べちゃわないとだし。唐揚げにしちゃおうかしら...」

私「 えー、いいな〜! でも、マフグだと毒があるよね?皮とか」

母「そうなのよ〜。身と白子しか食べないわよ。流水ですごく洗うわよ。味はトラフグとほとんど変わらないわね。もちろんプロほど薄くは切れないけど。ちょっと厚めなのも美味しいわよ〜」

......島民は昔から勝手にフグをさばいて食べてたようです ワイルドアイランドだよね〜。今のところ島では死んだ人はいないそうです。漁師さんがフグの種類を見誤ると、事故が起きる可能性があるけど。(*有毒フグの販売は違法だが個人で食べるなら自己責任)

ちなみに、フグ毒は呼吸筋が麻痺して窒息死に至るので、人工呼吸ができれば助かるそうです。しびれた人を土に埋めてもダメですよ〜