画像1
昨日は風景画同好会に参加しました。
「大きな筆に絵の具をたっぷり含ませて、大きく腕を動かしましょう」
先生に何度も言われていたので、ようやく大きな筆を買いました。画材屋に行けないのでオンラインショップで。5000円の筆を直に触ることなく買うのは勇気が要りましたが、これまではずれたことのないブランドで、使用感はさすがでした 使いこなせてませんが。

画像1
谷戸城跡からの八ヶ岳。
雲がかかっている感じと、梅雨で濡れた感じが
あんまり出てないですね
もう少し手を入れられるかも。

先生が以前から何度も「水彩も良いですが、やはり油彩ですよ。ぜひ油彩を」と、油絵を勧めて下さいます。それがなかなか....辛い (笑ってごまかします)
私は油絵が好きではなく、とにかく透明水彩が好きなのです。透明水彩は油絵のように訂正がきかないので、スリリングな賭けの要素があるのも魅力。
料理に例えると、透明水彩は焼菓子(オーブンに入れて化学変化を待つ。取り出す時に見事に化けているから面白い)。油絵は煮込み料理(味見しながらちょっとずついろいろ足していける)に似てるかも....って、いや、料理なら煮込むのも好きなんだけど...うーん??


画像1
庭にキノコが生えてきました。

画像1
ぼんてん。
ぱや毛が抜けて、ふつうに短毛猫になってきました。
この写真はキリっとして思慮深そうに見えるけど
実際にはアホでいい感じです。