山口の実家から母が2泊3日で来ています。
山梨に来るのは5回目くらいなのですが、最初の2回は私の出産や入院の時に駆けつけてくれたもので、純粋に遊びに、というのは3回目。前回まではいろいろ、ガイドブックにも必ず登場する有名どころを一通りまわったのですが、さて今回は...?

画像1

小淵沢のホテル、リゾナーレの中にあるワインショップで、有料試飲。甲州ワインの白がお目当てだそうで、あれこれ試して(私も一口ずつもらった)、気に入ったものを6本お買い上げ〜。

 夜はアイリッシュパブ ブル&ベアのカウンターでギネス!常連さんたちに混ぜてもらって、楽しくおしゃべり。みなさんありがとうございました。

画像1
 今日は白州でホーストレッキング。
乗馬に興味のある母、前に小淵沢の乗馬場で少し乗ったことがあるのですが、外乗りが夢だったそうで、今回やっと実現となりました。講習を少し受けた後、林道に入って40分ほど歩きます。前回は小淵沢でヨーロピアンスタイルだったので難しかったのですが、今回はウェスタンで、力を抜いていれば良いそうで、運動音痴の私も楽しめました。
画像1
私が乗ったドリーさんは、大柄でせっかちな性格で、常に前の馬のお尻に鼻をうずめるように歩こうとします。馬間距離をとるのが大変。 どうも最初の手綱さばきで完全に舐められたようで 「林の中 気持ちいい〜♪  あ、 へんなキノコ♪」.....なんて油断していると、すぐに下を向いて草を食べようとします。手綱から伝わってくる気配で気づいて早めにやめさせないといけないようです。あっという間の40分でした。
しかし....早足になった時の馬の振動ってすごい〜!想像以上。全力疾走なんてしたらどうなっちゃうんだろう。時代劇でパカパカやってる人やジョッキーってほんと、すごいわ!


お昼は高根でお蕎麦のコースを頂きました。
先日初めて伺って、すっかり魅了されてしまったお店「紬山荘」。
画像1

2種のお蕎麦を選べるコースを頂きました。
母もゴンも私も、同じチョイスで。
画像1
季節の前菜、今日はカンパチ。

画像1
冷たいすだちそば。
覗き込んだ瞬間から、すだちの香りがフワーッと!
今回来られなかった父も食べたがっていたなあ
画像1
十割なのにこんなに極細でなめらか。コシもほどよく。
鰹のきいた上品なおつゆがよく絡まって美味しい!
私は全部飲み干すし、すだちも食べちゃいます...
 
画像1
お次は豚ときのこのつけそば。
新蕎麦グリーン

前回は、鴨のつけそばを頂きました(←鴨好き)。
おおぶりで柔らかい鴨肉がゴロゴロでした

画像1
さつまいものモンブラン。
下にはラムレーズンアイスクリームが。
 
プロフェッショナルに迎えられる安心感....とでもいいましょうか。八ヶ岳エリアでは貴重な空間かも知れません。脱サラ飲食店経営者としては、とても勉強になります お店はつくづく、バランスなんだなあ....。


画像1
野辺山の八ヶ岳高原ヒュッテまでドライブ。今日は中には入れず残念。あの北海道の木彫りの熊のお土産を北海道に広めた人の邸宅(ですよね確か?)。『高原へいらっしゃい』というドラマのロケにも使われたそう。母は昔の田宮二郎版をYouTubeで全部見たと言っていました。
チューダー様式かわいいなあ。こういう建物でブリティッシュなPUBをやるのにも憧れる(笑)
 
画像1
通りかかったので、いつものこれ。
ヤツレンの売店でソフト&ヨーグルト。 

両親が住んでいるのは離島なので、山梨まで来るのはなかなか大変です。飛行機や電車の他に、定期船も使わなければならないから、移動に一日がかり。 しかもまだリタイヤしていなくて、施設の管理人のような仕事?をしてるから、なかなかゆっくりはできません。今回は父も一緒に来てくれるはずだったのに、急な仕事で来れなくなってしまい残念でした。母だけでも、少しはリフレッシュできたかな?

母は、海なし県•群馬の富岡の出身なのですが、東京暮らしと結婚を経て、私がまだ小さい時に父の仕事の都合で離島に住むことになりました。それからの、母の田舎暮らしへの適応がすごくて、子ども心に印象に残っています....。私自身の、あまあまな "田舎暮らし” や、"田舎暮らし上級者” を自称する方々の甘さ...。そういうのがついつい気になってしまう性分は私の悪い癖なんだけど、これはぜんぶ、はんぱない田舎と全力でぶつかってきた両親のせいに違いない(笑)