画像1

妃さんが、先日完成させた新作をプレゼントしてくれた!
タンポポの綿毛のペンダントヘッド。(妃さんのblog記事はこちら) 
ガラス管の中に、綿毛とスワロフスキーが樹脂で閉じ込められてキラキラしています。
底は蓄光するようになっていて、暗闇で光ります。
うーん、素敵だ 
大のお気に入りになりました。

あんまり関係なくなっちゃうけど、タンポポといえば...
私の一番好きな日本映画は、伊丹十三監督の『タンポポ』です。何回観ても、飽きない。
さえないラーメン屋の女将が、通りすがりの風来坊と仲間達の協力のもと、店を素敵にリニューアルする話。メインのストーリーの間に差し挟まれる”食”をめぐる小スケッチたちも可笑しい!今見ると、スケッチをつなぐ手法など完全にモンティ•パイソンの影響を受けてることが解ります。
冒頭の「正しい食べ方」を渡辺謙が読み上げるあれ...東海林さだおさんのエッセイだったと、ずっと後になって知りました。本当に可笑しい。
以前、この映画の中でヤクザを演じた俳優さんにお会いする機会があったのですが、 かなりエロい役柄だったので「小学生の時にタンポポを観た時からファンでした!!」と言うのがなんとなくはばかられて、ファン告白できませんでした 残念な思い出。