画像1
杉本商店の
元祖カレー南ばんの素
「輕便カレー粉」
 
毎年、PUBでは大晦日にカウントダウンを行っていて、その際に簡単なお蕎麦を無料でふるまうことにしています。 最初の頃は「気分だけでも」ということでカップ麺をみんなで食べていたのですが、最近はもう少しマシなものになっています(笑)ここしばらくは鴨南ばんでした。

...と言っても、大釜のような設備があるわけでもないので、まとまった数をお出しするとなると、やはり冷凍麺や乾麺といった簡単なものを使わざるを得ません。
それでも、私(一応そば好き)が、いろいろ試した中から厳選した「市販品」たちを組み合わせて、思い出に残るような年越しそばにしたいと思っています。
(本当は、月舍さんなどで美味しい年越しそばを食べてからPUBへ...というコースがおすすめです 笑)

今年はカレー南ばんを予定しています。
明治時代から売り出され、今でも多くの大衆的なそば屋で使われているという、老舗 杉本商店の「元祖カレー南ばんの素」を使います。これは小麦粉とカレー粉が合わせてあるだけもので、甘汁(温かいそばのかけ汁)と一緒に煮て使います。
小麦粉を煎った香ばしい風味で、昔懐かしい感じ。
とろみがあるから、温まる〜 
PUBの後にさっそく初詣に行く方もいらっしゃるから、これを食べてポカポカになって欲しいな

カウントダウン蕎麦は、要予約です。カウントダウンにご参加いただける方でカレー南蛮をご希望の方は、ぜひ事前にご一報下さいね。(でも余裕をもって用意しておくので、飛び入りでも少人数なら大丈夫かも?)


画像1
甘汁が少なくて失敗...
でもだいだい解った
(息子飯なので豚たっぷりバージョン)