画像1
眠い時を見計らって、
ブラッシングする。

画像1
3日分くらいためたら、はがす。
 
その都度はがすより、ためたほうが
加速的に毛が絡み易い気がするから...
 

画像1
てきとうに丸める。

画像1
盛り上がって、30分は一人遊びしてくれる。
「ネズミにゃー!!! 」

いや... 君の毛だから。
おもちゃを自給自足....お母さん、助かっちゃうな。
毎回どっかに失くすけど、これなら作り続けられるから、もうホームセンターでおもちゃのネズミを買わなくてもよさそう(たぶん毎度、家具の下に入っちゃって、掃除機をかける度に吸い込まれてる)。

梵天は、こういう毛のおもちゃが好き(フェイクでも)。

亡くなったモモの場合は、軍手の指に革ひものしっぽを付けたネズミが妙に好きだったなあ。。 

画像1

遊び狂う梵を眺める、まふら。
「バカじゃないの?」

....と、思ってるかどうかは分かりませんが。 

まふらこそ、ブラッシングしたいんだけどな....。
近づくだけで、怒られます