八ケ岳南麓に移住して16年...
生まれて初めて......山登りをした!
(山登りと言っていいのかな?よくわからないけど)

飯盛山という、野辺山駅の近くにある小さい山
小学生の遠足にも使われる、初心者向けの山
自宅から車で15分くらいで登山口に行ける山

それでも、
ヘタレの私にはそれなりに大変だったのだけど
景色や草花を楽しみながら、1時間近くかけて
なんとか山頂までたどり着くことができた
(途中ちょっと頭痛を起こしかけたけど大丈夫だった
6
飯盛山の山頂より
八ケ岳


お店のお客さんには、山登りを嗜む人が多くて
前から「そんなにみんなハマるってことは、
きっとすごい魅力と感動があるんだろうな...
まあでも...私には到底無理な世界だけどw」 
と、人ごとのように思っていた

でも、いろんな人の話を聞いているうちに
「どうも私でも登れそうな山が、近くに存在するらしい...!」
ということが判ってきた(笑) 
それで、ちょっと気になっていた山、飯盛山

今回、ゴンがお友達ご夫妻と一緒に登るというので
私も思い切って、くっついて行ってみた
....という経緯

自分が勝手に作ってしまった”壁”を破る時って
いつも、他の人からもらう刺激が
きっかけになってるんだな〜、と改めて感じた

4
5
7

今日は雨の後の快晴で空気が澄んでいたので
景色が素晴らしかった
青い山肌と、白く残った雪の筋のコントラストが
くっきりとした八ケ岳
写真でなく、直に見る裾野の広大さ
木々の緑の、色調の幅....

「この感動が、絵の具で描けたらいいのになあ。
でもまだまだ無理だな...」と
うちのめされるくらいの、良い体験ができた
初めての登山が天気に恵まれて、本当に幸運だった

11406845_844308798977038_788649728540373708_n

お昼頃、感動のあまり
山頂に立った証拠写真をFacebookにあげたら

「おめでとう」
「ついに!」
「あきさんが山登りしてる」
「キャラ変えた?」
「合成?」
などなど、優しいみなさんにいじってもらえて幸せだった(笑)



下山後
「レストラン最高地点」でお蕎麦
8

なかなか信じてもらえないことが多いのだけど....
ここのお蕎麦はかなりイケてると私は思う
(近隣の蕎麦専門店ほぼ全店行った上で)

切り方は不揃いだし、私が本来は苦手な
平打ち&ぶっかけ..だったにもかかわらず
麺が美味しくて、お皿全体のバランスも好みだった
ちゃんと茹でてあるのにコシが死んでないのは
しっかり打てている技術の証だし
おろしはバカみたいに辛すぎるってこともなく
しっかり効くわさび(ホースラディッシュ系かな)
で、各々で調整できるようにっていう気遣いを感じるし
....
「いろんなお客さんが来る立地で、いろんな要求があって
 いろんな料理を出している中で
 このお蕎麦を出すって...大変な努力をなさってるはず」と
後でゴンと話をして、尊敬の念を新たにした


食後、少し下って
清里の牧場通りで馬や牛に癒されつつ
去年できたショコラティエに寄って
500円近くする、高級ソフト
(お客様が前回ヤツレンぽっぽソフトを体験済みだそうなので今回はこちらにご案内)

9

白(ブラン)
2色ミックス(ランデブー)
茶(ノワール)
の、3色で展開

私は今回は白をチョイス
カカオの、香りのほう重視な感じで
最近はチョコ感が苦手になってしまった私にはちょうどいい
ワッフルコーンが最後まで飽きない美味しさ♡