Yatsugatake Trifle 2

八ヶ岳南麓の "とるにたりない" 日常と水彩画

ドラマ

アランカーディガン/アウトランダー/ドクター・フー

忙しいシーズンが終わって待機時間が増えてきたので、編み物がどんどんできていく

Image-1
パピー ロビンウール黒(115)15玉
ブリティッシュエロイカ黒(122)  1玉
フード部分ブリティッシュエロイカ2.5玉
棒針10号7号使用

CURVrimUkAApMcC
編み図「毛糸だまvol.156号」より
(フードとスリット入りの袖を割愛)


いちおうゴン用のカーディガンなのだけど、我が家は身長がみな同じくらいなので、私も息子も着られるという、便利な1枚
模様編み4枚目なのでさすがに間違いは減ってきたけど、端や細部がどうも美しくできない。性格が出るっていうことですかね....


編みながら観たのは主にこれら(huluで)。
『アウトランダー』
1945年から1700年代のスコットランドに飛んでしまったイングランド人女性の物語。ジャコバイトの反乱に巻き込まれて大変な目に遭う。中世ものは衣装が素敵で良いけど、拷問とか火あぶりとか出てきて怖いよぅ
outlander_3


『ドクター・フー』
英国BBCで50年以上続いている人気SFドラマ。
宇宙人の主人公ドクターが時空を超えていろんな時代に出没する。ロンドンに度々現れて、若者を連れ出し、ホームズとワトソンみたいに問題を解決しながら旅をする。タイムマシンはイギリスの昔の警察呼び出し用の電話ボックスの形。宇宙のどこにでも行ける人なのに、どれだけ地球とイギリスが好きなんだ(笑)
これまで12人、主人公役の俳優が代替わりしてるらしい。イギリスの男性たちにはそれぞれ「僕の時は誰々だった」という思い出のドクターがいて、ドクターの代替わりをまたいで観た場合はその度に「え〜...」と戸惑うのだけど、何話か観ているうちにまたすぐに慣れるらしい
dr-who-s6-02

images
凶悪な宿敵「ダーレク」が、こんなデザイン(笑)
これで「えっくすた〜みねいっ!(抹殺せよ)」ばっかり言ってて可愛いくてツボ。本気でフィギュア欲しい(笑)
 

BBCドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』


sherlock

シャーロック・ホームズが現代に生きていたら...? 
BSプレミアムで放映中のBBCドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』、なかなか面白いです。 →(放送予定と予告編)

スマートフォンを操り、ウェブサイトやブログの管理人をする現代版ホームズとワトソン。
このドラマのホームズは(まだ1、2話見ただけですが)「グラナダ版から紳士らしい良識や義務感を、ダウニー版から繊細さとややこしさを取り除いた」印象(笑)

「自分は高機能不適応者だ!」と言い放った通り、「ひゃっほう!」と、純粋に事件にワクワクするようなマッドぶりが強調されています。ヤバい人格に周囲も「あいつはいつか何かやらかす」と警戒中。
そんなホームズに、なんであんな大人しそうなワトソンがついていっちゃうのかと思ったら、彼も相当.....っていう(笑)

ロンドンのロンドンらしい舞台をPV的に随所に散りばめてあって、息子と「おお〜、トラファルガー広場だ!」「こないだ行った!雪が無い!」なんて騒ぎながら観られて楽しいです。

BBCコメディ『宇宙船レッド・ドワーフ号』

reddwarf460

『宇宙船レッド・ドワーフ号』にはまっています。
すごく笑える!!

BBCで1988年から約10年間にわたって制作されたSFコメディ。


frankenstein-red-dwarf-lister-the-end
主人公リスター。
(リバプール訛?が全く聴き取れない!)
愛猫フランケンシュタインをかばうため、
懲罰房の冷凍カプセルへ。
18ヶ月のはずが、目覚めるとなんと
300万年経っていて
船内には以下の人(?)達しか...!


holly
宇宙船のコンピューター人格ホリー。
画面に顔だけ出て喋る。
自称 IQ6000。
このおじさんがなかなかイキなことをするんです。


rimmer
ホログラムで再生された
かつての嫌みな上官リマー。
「リスターが発狂しないように」と
ホリーが用意したもの。

この人、ジョン・クリーズ(元モンティ・パイソン)の
芸風をすごく意識しているのが判ります。
台詞の抑揚のつけ方が
バジル・フォルティ氏にそっくり!


cat-red-dwarf-better-than-life-danny-john-jules
謎の猫人間、キャット。
おバカで気まぐれでナルシストで
ほんとうに猫みたい。

Evolution of Cat
フランケンシュタインが
放射線で汚染された船内で子猫を出産。
300万年の間にこのように進化したらしい。




第一話 その1(英語)
これ、日本版のDVDには無い場面が....。


一見、粗野で醜男でモテなさそうな主人公が、
実は賢くて男気があってモテていて、
逆に、ハンサムできっちりしている上官のほうが
実はコンプレックスの塊で、卑怯な性格で嫌われていて。
でも、いいとこもあったりして、憎めません。


ドラマ版『高慢と偏見』

1800年頃の英国のジェントリ(地方大地主)階級の女性の結婚事情を描いたジェーン・オースティン作『高慢と偏見』の、ドラマ版を観終わりました(長かった!)。

「気難しくて鼻持ちならなく見える人のほうが実は誠実で善い人だったりする」ってよく解る気がする...。自己顕示欲を優先しないから自分を演出するのが下手なんだな。

1
コリン・ファース(Mr.ダーシー)若い!

"恋に落ちそうな自分に抵抗しつつ女性を凝視する男のセツナイ眼差し" の迫力ではデ・ニーロの次点くらいじゃない!?(゚o゚)

Pride-and-Prejudice--1995--jane-austen-715196_800_600
ドラマ版主人公エリザベス

images-1
映画版主人公エリザベス

映画版はキーラ・ナイトレイだから見始めは「え(゚д゚;) 主人公この人?」とギャップに苦しむけど、観終わる頃には「ドラマ版の方がいいかも」と思えてきた...。思慮深い感じや板挟みの苦しさなど上手でした(思慮深く鋭いわりにはダメ男に騙されかけるんだけど)。



米ドラマ「大西部の女医ドクター・クイン」

Dr-Quinn-Medicine-Woman-The-Complete-Season-5
チャンネル銀河で放送中の「大西部の女医ドクター・クイン」。

一話完結のハートウォーミングなお茶の間ドラマ(?)だけど、脚本がよく練られていて感心しちゃう。毎回、女性蔑視、吊るし首(死刑)、人種差別、自然破壊、文明人の傲慢、といったテーマが扱われ、理想や正義について疑問を投げかけて終る重たい回も。

改めて感じたのは(これは93年スタートの番組なんですが)アメリカではお茶の間ドラマでさえ、いろんなテーマをタブー視せず扱ってきたのかなーということ。同時に、昔から議論があるのに未だ解決できてないことがたくさんあるんだなあと。
議論すら始まったばかりの国ではあとどのくらいかかるのかな??
ある町を定点観測しているので、旧住民と新住民の諍いや開発のお話も。なんだか八ヶ岳への移住者の一部の、先住者への気遣いを欠いたラウドヴォイスな方々を連想したりもして、身につまされるんです。

sully
男くささ大爆発のイケメン、サリー。強くて優しくて論客で、もうムカつくくらい理想的に描かれたいい男なの(いやムカつかないですけどね!)
北瀬あき
八ヶ岳のIrish Pub BULL&BEARのコックです。1974年東京生まれ、長州育ち。趣味で水彩画や猫漫画を描きます。1999年八ヶ岳に移住。夫のゴン、息子たけし、猫2匹と犬一頭と暮らしています。
e15cc7c9

BlogPaint





gallery
  • 懐かしい!Kittenwar
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • 2014.07.23   ムカデがヤモリをもぐもぐ
  • リテーナー生活
  • 小津作品がたくさん 米hulu
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • ほーかいする学習現場
  • 可愛いぞ英国アイドル
  • エルダーフラワーが咲き始めました
  • 3ニャンの現在
  • ふんばる子猫
  • 支離滅裂!まふらちゃん(と、子猫ぼんてん)
  • 息子チョイス
  • エラーさんの 『ウッ 僕だよ』
  • うちの冷やし中華
  • サラダが美味しい季節
  • 混色の勉強
  • 猫の目頭にマダニ
  • 生姜ミルクプリン
  • 生姜ミルクプリン
  • グループ展を開きます
  • グループ展を開きます
  • 薬漬けな日々
  • 水彩紙
  • 水彩紙
  • 自画像は煩悩のカタマリ
  • 猫飼いがまた一人(* ̄∇ ̄*)
  • ヒゼンダニと犬猫疥癬
  • 猫を保護してどうするか
  • ふてくされ中まふらさん
  • キアヌの座禅姿
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ウサギのぬいぐるみ完成
  • ペザントとポレンタ(水彩)
  • ニュー・シネマ・パラダイス
  • ダニエル君
  • untitled
  • おじいちゃんに日本語で
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • 鉱石シリーズ
  • yo-yo
  • まふら
  • 本日のスケッチ
  • 海と山
  • 民主主義はタダじゃない
  • ごあいさつ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ